koujichu
山陽線 San-yo Line
九州旅客鉄道株式会社
下関駅(山口県下関市)→門司駅(福岡県北九州市門司区)

 神戸が起点の山陽線ですが、国鉄改革時に決定した関門トンネル部分の帰属は九州会社に決まりましたが、その理由は「このトンネルは九州人が本州へ向かうために作られたので」という意外と安易かつもっともな理由だったりします。

 この区間はJR九州としては珍しい直流電化区間となっています。といっても門司駅構内は交流電化なので、この区間を走行している旅客電車は交流と直流の双方の機器を搭載した車両が担当していますが、 JR九州的には福岡市営地下鉄と相互乗り入れをしている筑肥線・唐津線以外では異端児的な存在となっているこの区間のために交直流対応車両を所有し続けるのも非効率。現在の415系車両が老朽化して交換する時期になったあとの車両がどうなるかが気になる今日この頃です(多分他エリアへの転用が容易な気動車化されるんじゃないかな)。

■各駅リスト
駅名神戸からの
距離程
下関からの
距離程
営業キロのりかえ
下関JA53 528k690m0k000m528.1km山陽線
門司JA29m6.3km534.4km鹿児島線