ajiyoshi
株式会社東海交通事業 鉄道部
味美駅■愛知県春日井市中新町二丁目
無人駅
ajiyoshi_ekisya
 国道沿いにある高架下の駅です。パッと見、鏡張りの近代的な駅舎に見えますが、ところがどっこい、この大きな壁がこの駅への出入りを阻害する要因であることがわかり大きくがっかりすることになります。

ajiyoshi_entrance
 鏡張りのガラスの壁っぽいものは大きな遮音壁で、この壁があるがために地上レベルから直接当駅へ出入りが出来ず、その手前にある横断地下道のお世話にならなければなりません。

ajiyoshi_chikado1
 地下へ降りるとこのような通路になります。左へ曲がると駅への順路となります。

ajiyoshi_chikado3
 この通路は国道302号線(名古屋環状2号線)の味美白山町2丁目交差点を横断する地下道も兼ねているので逆側からのアクセスも可能となっています。

ajiyoshi_chikado2
 一応スロープはあるものの車椅子での利用は想定外のようで、登りきった場所に駅利用者向けの駐輪場があるのでそのための坂道のようです。

ajiyoshi_kaidan1
 階段を上がると再び地上へ。ここがTKJ的駅出入口となっています。点字ブロックのとおりに進むと階段にぶつかりますが、スロープは設置されておらず階段のみ。エスカレーターやエレベーターといった文明の利器の設置はありません。
※城北線の駅でエスカレータまたはエレベータのいずれか、もしくは両方が設置されている駅は枇杷島駅と小田井駅だけです。

ajiyoshi_kaidan2
 建物で言うところの地上2階レベルにある踊り場的場所からの様子です。すぐ近くに国道が走っていて交通量が多いことから地下道を経由しての駅への出入りも納得な立地であることがご理解いただけるかなと。

 地下の通路から階段のみで地上3階レベルのプラットホームへやっとこさ上がってくると日頃の運動不足が身に染みます。

ajiyoshi_home2_forBiwajimaajiyoshi_home1_forKachigawa
 そんな当駅は高架複線上の1面2線。1番線の脇を高速道路(名古屋第二環状自動車道)が通っています。同名の味美駅を名乗っている名鉄小牧線の駅へは700メートルほど離れていて乗換駅としての案内は行われていません。

隣の駅@城北線
上り:勝川駅■1.8km
下り:比良駅■2.7km

※訪問日:2017年5月6日