bandaiatami
東日本旅客鉄道株式会社 仙台支社
磐梯熱海駅福島県郡山市熱海町熱海四丁目406番地
郡山駅管理の業務委託駅(委託先:JR東日本東北総合サービス株式会社)
★Suica(仙台エリア)の駅

bandaiatami_ekisya
 皇族方も訪れたことがある磐梯熱海温泉郷の最寄り駅です。駅前広場には足湯設備があり、列車待ちの間の絶好の温暖施設となっています。

 「熱海」と聞けば「よん、いち、に~、ろく♪」でお馴染みなサンハトヤ旅館が有名ですが(古っ)、あれは静岡県の熱海でして、こちらは福島県の熱海。当駅は「磐梯」と冠が付いているものの、東海道線の熱海駅よりも歴史は古く、かつてはこちらが「熱海」を名乗っていました。
bandaiatami_kaisatsu
 鎌倉時代に、京に住む萩というお姫様が「都を去る東北方、数えて五百本目の川岸に霊泉あり。それにひたれば全快する」とのお告げにより磐梯熱海温泉地内にある五百本目の川にたどりつき、ここに湧き出る湯で病も全快し、以来美人の湯として知られるようになったというのが歴史なんだそうです。

bandaiatami_home2_waitingroom
 当駅は2面3線の配線になっているものの、3番線は使われておらず、実質2面2線のような使われ方をしています。
bandaiatami_home1_forAizuwakamatsu
 行き違いが無ければ上下問わず改札口に面した1番線に列車を停めるようにダイヤが組まれています。
bandaiatami_home1_forKoriyama
 
 駅前には朝7時から夜7時まで営業のヤマザキYショップが営業していて、お菓子やお土産からパンまでが買うことができます。当駅にはキオスクが無いのでありがたい存在です。磐越西線に平行して走る道路を若松方向に歩くと10分程度で商店や病院、温泉宿が点在している熱海町の中心地に出ます(日帰り湯もできる宿が多いです)。

 また、当駅から徒歩10分程度の位置にアジアリーグアイスホッケー・東北フリーブレイズの福島地区本拠地である磐梯熱海アイスアリーナがあり、その隣にはユラックス熱海という温浴施設があります(途中、コンビニ・セーブオンがあります)。

2014年3月に再訪しました。
bandaiatami
 1番ホームの郡山寄りに設置の建て看式の駅名標がリニューアルされていました。

bandaiatami_LED
 屋根から吊り下げられたタイプの駅名標はLED蛍光式へ改められています。これに伴い、デザインが平仮名メインから漢字メインのものへ変更されています。

bandaiatami_kaisatsu
 2014年4月1日から当駅でもSuicaが使えるようになることから、改札口にあった係員用ラッチ(囲い)が撤去され、代わりにICカード用簡易改札機が設置されています。

bandaiatami_home1
 3番線が用途廃止のため、ホームの線路側に策が設置され、さらに架線が撤去されています。停止位置目標板と出発信号は一応残されているので、非電化でも走行可能な車両に限り、留置や退避目的での入線は可能である模様です。さらによく見ると2番線ホームに設置されている待合室が改築されていることがわかります。

隣の駅@磐越西線
上り:安子ヶ島駅■3.6km
下り:中山宿駅■5.4km

※訪問日:2005年1月9日,2010年12月11日,2014年3月15日