bibaushi
北海道旅客鉄道株式会社 旭川支社
美馬牛駅(F38)■北海道上川郡美瑛町美馬牛北一丁目3番1号
美瑛駅管理の無人駅

bibaushi_ekisya
 赤い屋根の小さな建物がある無人駅です。この建物、以前は左にもっと大きかったらしいのですが、駅の無人化により不要部分を減築させているようです。

bibaushi_soto
 駅前の広場は広く、かつて貨物取り扱いがあったころに賑わっていたのかなと思わせてくれます。画像には写っていませんが綺麗な公衆トイレもあり、一応観光地なんだなと言うことを再認識できます。

bibaushi_naka_map
 美瑛町美馬牛エリアも観光スポットや宿泊処が点在しているようです。

bibaushi_shop
 いわゆる「コンビニ」はありませんが、このように商店があり、営業時間なら簡単な食べ物ぐらいは購入できるかも知れません。

bibaushi_shop_biba
 しかしこの店名は一度見たら忘れませんな。

bibaushi_hi
 駅の近隣にはこのような大きな記念碑が建立されています。これは当駅設置に尽力した沼崎重平さんをリスペクトしたものです。記念碑の詳細はこの↓サイトに出ていますのでご参照ください。
https://www.town.kamifurano.hokkaido.jp/hp/saguru/0517nakamura.htm

bibaushi_uraguchi_entrance
 当駅には駅舎側とは別に線路を挟んで反対側にも出入り口があります。それがこれ↑です。舗装されず砂利道になっていて公式な出入り口ではないのかも知れません。

bibaushi_uraguchi_soto
 プラットホーム側から見た駅舎とは逆側の出入り口の外の様子です。

bibaushi_uraguchi_map
 その砂利口(当ブログ勝手に命名)側にある駅周辺マップですが、ここは日本なのに日本語で目立っているのは「美馬牛」だけで、それ以外は英語での案内がメインなようで、いかに海外からのお客さまが旺盛なのかがよくわかります。

bibaushi_kanban
 駅舎で入口にはこのような看板があります。

bibaushi_naka
 建物内はこんな感じ。

bibaushi_fare
 運賃表は富良野線のみの記載になっています(この画像は2019年10月の運賃改定以前のものです)。

bibaushi_konai
 ホームは砂利敷きで互い違いに配置されている、北海道では良く見られる仕様。

bibaushi_konai_kanban
 構内踏切は警報機こそありますが遮断機はありません。看板の表記が少しおかしい気がするのは私だけ?!(常時通行禁止と読めなくも無い)

bibaushi_home2_forFuranobibaushi_home1_forAsahikawa
 構内は単線上の2面2線。富良野線には普通列車でも駅を通過する列車が設定されていますが、当駅を通過する普通列車の設定はありません。

<当駅→美瑛駅間の踏切施設>
・(24k190m)当駅
・(24k479m)沼牛牧場(構内)踏切
・(26k064m)原野第1線踏切
・(29k110m)長谷川踏切
・(30k570m)第3旭川浦河線踏切
・(31k570m)美瑛駅
※太字のリンク先は踏切施設調査の姉妹サイトへ飛びます
隣の駅@富良野線
上り:上富良野駅(F39)■9.1km
下り:美瑛駅(F37)■6.8km

※訪問日:2018年8月25日