chikuni
東日本旅客鉄道株式会社 長野支社
千国駅OitoLine10長野県北安曇郡小谷村大字千国乙
南小谷駅管理の無人駅

chikuni_ekisya
 あれ?駅舎が二つ???ではありません。当駅の設備としては左側の建物が待合室となっています。では右側の赤い屋根の建物はなにもの???これはかつて当駅が2面2線配線であったときの白馬駅・信濃大町方面行き列車が発着していた2番線ホームへアクセスするための通路です。一般的には構内踏切や跨線橋で対応するこの手の通路ですが、当駅の場合は比較的長い坂道を上り下りする必要がありました。ところが当地の冬季は降雪量が半端無く、このような通路が必要だったという事情があったのです。現在は2番線ホームが使われなくなったので無用の長物になっているかと思いきや、線路の向こう側のグラウンドなどへのアクセス路として現在も使われています。

chikuni_chikado_naka
 通路は階段になっておらずスロープ状になっています。

chikuni_chikado
 知らない人が見るととても鉄道関連の構造物には見えません。

 余談ですが線路の向こう側の野球グラウンドはなぜか一塁線と三塁線の長さが異なっているMLBスタイルの野球場。野球も好きな人は雪解け時に訪問してみたくなる場所でもあります。

chikuni_soto
 駅前はいきなり斜面…これはこの急斜面の上に別世界のような千国エリアの集落があります。国道も完備されていて、駅前だけ取り残されたような格好になっています。

chukuni_ekisya2
 駅舎内の様子です。駅舎は近年建て替えられ新しい建物へ変貌しています。

chikuni_waitingroom
 椅子は畳敷きになっています。

chikuni_window
 正面側の窓のつくりがとても特徴的です。

chukuni_unchin
 運賃表は南小谷駅までしか掲載がありません。

chikuni_home_forMinamiotarichikuni_home
 構内は単線上の1面1線。2005年までは2面2線でしたが、JR西日本側から入線してくる臨時列車が減少(というより消滅)したことから用途が廃止され線路が撤去されています。

 ところで列車本数が少ない大糸線。3時間近く列車の運転がないことから当駅より白馬大池駅まで歩いたところ、途中にこんな橋を見つけました。
chikuni_oyasawabashi2
 親沢橋というコンクリート製の欄干を持つ道路の橋です。

chikuni_oyasawabashi3
 2002年の土木学会選奨土木遺産指定を受けています。

chikuni_oyasawabashi1
 撮影をしていたらちょうど特急あずさが通過していくと言うラッキーな出来事も。

 列車内から撮影した様子。 
chikuni
 1993年頃撮影の2番線側駅名標です。後方に写っているのは野球場のクラブハウス的な建物のようです。

 当駅の駅名標アルクマは長野県制定アルクママニュアルによると「手をふる・ウインク」の複合バージョンです。

隣の駅@大糸線
上り:白馬大池駅OitoLine11■1.9km
下り:南小谷駅OitoLine09■3.8km

※訪問日:2017年3月26日