higashikunebetsu
道南いさりび鉄道株式会社
東久根別駅(sh10)■北海道北斗市久根別一丁目
無人駅
※2016年3月26日より道南いさりび鉄道へ経営移管されました。
(旧北海道旅客鉄道株式会社函館支社五稜郭駅管理の無人駅)

 2021年2月訪問時の様子です 






 2003年1月訪問時の様子です 
higashikunebetsu
 JR時代の駅名標です。ホームが狭く、このようなアングルでの撮影を余儀なくされてます。

higashikunebetsu_ekisya
 もともと駅がないところに1986(昭和61)年に臨時乗降場として開業。その5ヶ月後の1987(昭和62)年に旧国鉄が分割民営化され、JR北海道が発足した際に正式に駅に昇格した江差線の中では新しい部類に入る駅でした。

higashikunebetsu_exit
 当駅は他の駅にありがちな「老朽化した古い駅舎を建て替えるために貨車の車掌車を使っている」というわけではなく、開業当初から貨車・車掌車の改造車の駅舎と言う風変わりな駅です。開業当初から貨車駅というのは恐らく当駅だけでしょう。

higashikunebetsu_tomare2higashikunebetsu_tomare1
 無人駅で、しかも列車が高速で通過することもあって注意喚起看板の設置には余念がありません。

higashikunebetsu_pass
 駅の周囲は団地や宅地が広がっています。
higashikunebetsu_kenbaikihigashikunebetsu_kirei
 待ち合い室内には自動券売機が…この手の貨車改造駅で自動券売機が設置されている駅は当駅ぐらいでしょう。さすが函館から3駅…利用者もそこそこ多いようです。

higashikunebetsu_home_1higashikunebetsu_homeforEsashi
 構内はいわゆる「棒線」配線で1面1線。近年に開業しただけのことはあり、列車の行き違い設備を構築するような余分な敷地はありません。
<当駅→久根別駅間の踏切施設>
・(未確認)当駅
・(未確認)久根別道路踏切
・(未確認)久根別駅
※太字のリンク先は踏切施設調査の姉妹サイトへ飛びます
隣の駅@道南いさりび鉄道線(旧江差線)
上り:七飯浜駅(sh11)■2.6km
下り:久根別駅(sh09)■1.2km

※訪問日:2003年1月2日,2021年2月28日