hizennanaura
九州旅客鉄道株式会社 鉄道事業本部長崎支社
肥前七浦駅佐賀県鹿島市大字音成562番地
無人駅

hizennanaura_ekisya
 1933(昭和8)年の駅開業前年に竣工した古い木造駅舎の駅です。

hizennanaura_zaisan
 建物に貼付されている建物財産標によれば昭和8年12月10日に竣工していることになっています。この区間は翌1934年に開業していますが、この差異はいったい?!

hizennanaura_soto
 駅の外は住宅地になっていて、この通りを抜けると国道207号が通っていて、左へ10分程度で道の駅鹿島があります。

hizennanaura_toilet
 駅の敷地には古いトイレがあります。

hizennanaura_kanban
 駅名を記した看板はそれほど古くはなさそうです。

hizennanaura_goannai
 駅舎壁面のこの看板は意外と古そうな。。。

hizennanaura_naka1
 駅舎内部です。架線を巻いていたであろう木製のリールの廃材を活用してテーブルとして活用しているのがとてもオシャレに見えます。

hizennanaura_naka
 無人駅化に伴い、事務室が不要になったこともあり、それならいっそと待合室を拡張する形で開放されています。

hizennanaura_naka_naka
 かつて駅係員が執務していた部屋が見学できるのはとても嬉しいことです。無人駅なので荒らされる心配もあったのでしょうけど、清潔が維持されているのも嬉しいところです。

hizennanaura_song
 待合室には「有明月夜」の歌詞が掲げられています。

hizennanaura_kaisatu
 改札口跡もこれだけしっかりと残されています。

hizennanaura_farehizennanaura_timetable
 時刻表と運賃表です。当駅には自動券売機の設置はありません。

hizennanaura_home1_forNagasakihizennanaura_home2_forHizenyamaguchi
 構内は単線上の2面2線。1線スルー化はされていないので、当駅を通過する列車は速度制限を受け、減速します。

hizennanaura_illustration
 駅名標に描かれたイラストは駅前に広がる有明湾干潟に生息する「ムツゴロウ」です。
<当駅→肥前飯田駅間の踏切施設>
・(61k520m)当駅
・(61k732m)黒木踏切
・(62k384m)東の川内踏切
・(62k629m)牟田踏切
・(63k700m)肥前飯田駅
※太字のリンク先は踏切施設調査の姉妹サイトへ飛びます
隣の駅@長崎線
上り:肥前浜駅■3.9km
下り:肥前飯田駅■2.1km

※訪問日:2020年3月9日