honancho
東京地下鉄株式会社 新宿駅務管区中野坂上地域
方南町駅Mb-03東京都杉並区堀ノ内一丁目1番1号
★PASMOの駅

 分岐線(方南町支線)の終着駅です。
 2021年5月訪問時の様子です 
 分岐線の中間駅は立派な駅舎建物がそびえ立ち、貫禄があるのとは対照的に当駅は各出入口が揃いも揃って小ぢんまりとしています。
honancho_exit1
 1番出入口は細い階段がポツンと設置されているだけで、両隣の建物に押し潰されそうなほど小さいです。後述の2005年の1番出入口と同じ構造ですが、外壁をリノベーションしていて面目は一新されているものの、階段のみであることには変わりはありません。
 当駅は長らくバリアフリールートがありませんでしたが、2017年12月に3番a・b出入口を備えた建物が1番出入口の道路を挟んだ反対側に竣工。エレベータが完備され、晴れて当駅にバリアフリールートが完成しました。更に地下設備の一部をこの度完成した建物へ移設させ、のりばの敷地に余裕を持たせ、分岐線の6両編成化に繋げました。

honancho_west_kaisatsu
 1番・3番出入口側の西改札です。

honancho_exit2_
 ↑こちらは方南通り商店街のアーケード内に設けられている2番出入口です。

honancho_exit2
 かつては立ち食いそば屋さんがあり、その奥にあった2番出入口の階段でしたが、現在は証明写真や宅配受取ロッカーが幅を利かせています。

honancho_east_kaisatsu
 ↑こちらは2番出入口側の東改札です。西改札よりも広々としているように見えます。

honancho_home1
 地下にあるのりばは1面2線です。

 2005年7月訪問時の様子です 
honancho
 2005年訪問時の駅名標です。営団地下鉄スタイルのデザインとなっていました。この時の駅番号は「m-03」。支線に付与されていた「m」が用いられていました。

honancho_kannana_exit_1
 環七沿いにある出入口1番です。撮影アングルが悪くわかりづらいですが、階段しかなく洞穴のような小ぢんまりとした出入口は存在感があまり無いのが印象。区画表示板が「杉並区堀ノ内一丁目1番」を示しています。東京メトロの公式サイト内、当駅のページに記載の所在地はこの1番出入口の位置を示していることがわかります。

honancho_kannana_exit_2
 この1番出入口、遠目で見ると交差点付近の看板などに隠れてしまいクリアに見ることは難しくなっています。

honancho_east_exit
 ↑こちらも手狭な印象の2番出入口です。商店街から少し奥まった個所に申し訳なさそうに設置されています。

honancho_kannana_kaisatsu
 1番出入口の改札口の様子です。改札を抜けるとすぐに電車に乗ることができる親切設計です。

honancho_end
 ホーム上から線路終端方向を見た様子です。

honancho_home2honancho_home1
 構内は1面2線。この訪問時は3両編成にしか対応していない設備の問題から、中野坂上駅と当駅を行き来する電車のみ発着していました。

隣の駅@Mb丸ノ内線(分岐線)
A線:中野富士見町駅Mb-04■1.1km
B線:(終着駅)■3.2km

※訪問日:2005年7月27日,2021年5月28日