horonuka
北海道旅客鉄道株式会社 旭川支社
幌糠駅■北海道留萌市幌糠町
留萌駅管理の無人駅

horonuka_ekisya
 風光明媚な山奥に設置された駅のように見えますが、実は意外と都市機能が充実していたりします。

horonuka_JA
 駅前にはJAの支所や交番もあったりします。以前は伐採した木材を鉄道で搬出していた歴史があるんだとかで。

horonuka_soto
 駅前を走る通りは旧道でして、メインの通りは駅の線路の向こう側となっているため、通行料はそれ程多くありません。

horonuka_waitingroom
 駅舎内部はこんな感じ。

horonuka_konai
 かつては行き違い交換ができる配線だったようで、線路の向こう側に微妙なスペースが広がっています。

horonuka_konai_naka
 ホームの深川方は傾斜になっていて、昔存在していたであろう2番線ホームへの構内踏切があったのかなと想像が膨らみます。

horonuka_home_forRumoihoronuka_home_forFukagawa
 当駅の構内は単線上の1面1線となっています。ホームは未舗装・砂利敷きとなっています。
<当駅→藤山駅間の踏切施設>
・(34k510m)当駅
・(34k948m)幌糠沢踏切

・(35k365m
第12旭川留萌線踏切
・(未確認)(詳細不明)踏切
・(36k745m)21号線踏切
・(未確認)勝手踏切
・(37k320m)旧桜庭駅
・(37k907m)19号線踏切
・(38k351m)第14旭川留萌線踏切
・(未確認)(詳細不明・勝手)踏切
・(39k031m)学校道路踏切
・(39k538m)第15旭川留萌線踏切
・(39k960m)藤山駅
※太字のリンク先は踏切施設調査の姉妹サイトへ飛びます
隣の駅@留萌線
上り:東幌糠駅(閉駅)■2.9km峠下駅■6.2km
下り:藤山駅■5.5km

※訪問日:2016年8月12日