ieki
東海旅客鉄道株式会社 東海鉄道事業本部三重支店
家城駅■三重県津市白山町南家城874番地
松阪駅管理の直営駅

ieki_ekisya

 全長約42キロの名松線内に唯一ある交換設備を持つ駅です。 松阪駅を出て25キロの位置にあるのでほぼ中間ですね。 

 25キロもの間で、当駅以外で列車の行き違いができない名松線のダイヤは閑散としているように見えて、実はパンパンの過密ダイヤだったりします。往年の深名線深川~朱鞠内間における幌加内駅のような存在でしょうかねぇ。なお名松線の列車で当駅で行き違いのない運用はありませんでした。

ieki_window
 そんな当駅には閉塞票券授受のための駅係員が常駐していて、列車扱いをしない時間帯はきっぷ発売業務も行っています。さらに高校の最寄り駅でもあるので、朝夕の改札業務も重要な役割です。こんなきっぷも売られていました。
ieki_setsuto

 構内は2面2線。ホーム寄りの1番線は伊勢奥津方面、構内踏切を渡った反対側2番線は松阪方面です。ieki_kanban

 台風被害が発生する前までの松阪発の名松線最終列車は当駅を終着としていて、1番線にて夜間停泊をしていました。乗務員も一緒に夜間停泊することから、昭和6年竣工の駅舎内にベットとお風呂設備がしっかりと設置されているとのこと。駅から少々歩けばコンビニがあり、食事も何とか大丈夫なので快適な停泊業務だったのかも知れませんね。
ieki_home2_forMatsusakaieki_home1_forIseokitsu

 名所案内にある「こぶ湯」は硫黄の香りが漂う由緒ある源泉です。休日ともなるとポリタンクにこぶ湯をためて持ち帰る人々で行列ができるほど評判が良いです。列車待ちの間にぜひ行っていただきたいです。そんなに遠くありませんし。
ieki_meisho_info 

隣の駅@名松線
上り:関ノ宮駅■2.5km
下り:伊勢竹原駅■3.7km

※訪問日:2006年1月18日