imaichi
東日本旅客鉄道株式会社 大宮支社
今市駅栃木県日光市平ケ崎67番地
日光駅管理の業務委託駅(委託先:株式会社JR東日本ステーションサービス)
★Suica(首都圏エリアの駅)の駅

imaichi_ekisya
 日光駅周辺が観光地であることと対照的に、当駅周辺は生活中心の駅です。当駅と東武下今市駅の間には商店が多く立ち並んでいます。また、日光市役所(旧今市市役所)の最寄り駅でもあります。

imaichi_soto
 区画が多少整理されていて、広々とした印象の当駅前の様子です。近隣にある道の駅「日光街道 ニコニコ本陣」の周囲は賑わっています。しかし「本陣」と聞くと鎧兜を身にまとい軍配を振りかざす難しい顔をした将軍が陣取る殺伐とした雰囲気を勝手に思い浮かべてしまいますが、そんな本陣なのに「ニコニコ」ってなんやねん?!と突っ込みを入れたくなります。その由来を調べると「ニコニコ」をローマ字表記したときに「NIKKO」と「NIKO」の字面がにているからというだけのようで。。。

imaichi_kaisatsu
 改札口はシンプルな構造です。みどりの窓口はありませんが指定券券売機は設置されています。

imaichi_imaichi_JNR
 構内には鳥居型の駅名標が2種類あります。

imaichi_exit
 ホームに掲出されている出口の案内看板ですが、「鬼怒川・川治温泉方面はこの橋を御渡りください」とあります。調べると当駅からバスでこの方面へアクセスができるようですが、まさか下今市駅まで10分程度歩いて東武鬼怒川線に乗り換えろという事?

imaichi_meisho
 名所案内にも川治・鬼怒川温泉の名称が掲示されています。

imaichi_konai
 駅舎に面したホームには線路が敷かれていません。

imaichi_home2_forNikko
 構内は単線上の1面2線で、列車行き違いが無い場合は上下列車問わず1番線を使用するそうです。

 2000年12月20日の様子です 
imaichi
 2014年春に駅舎がリニューアルされる以前の様子です。といっても駅から出ていないので駅名標とホームの様子しか撮影していないのですが…。

imaichi_home
 列車行き違いの間にちょとっと撮影したのみなのですが、この画像を見る限り、ホームの様子は現状と変っていないのかなと。

 ちょろっと訪問をした2000年12月20日水曜日の筆者は日光霧降アイスアリーナで18時半開始の日光アイスバックス対雪印戦を見に行った日でもあります。1対5でバックス敗戦。がっくりしながら最終の宇都宮行きに乗り、新幹線を乗り継いで帰宅したメモが残っています。

隣の駅@日光線
上り:下野大沢駅■8.1km
下り:日光駅■5.8km

※訪問日:2015年1月31日,2017年1月29日