ishikarifutomi
北海道旅客鉄道株式会社 鉄道事業本部桑園地区
石狩太美駅G12北海道石狩郡当別町太美町
当別駅管理の無人駅
★Kitacaの駅
※令和4(2022)年3月12日、駅名が「太美<Fotomi>」となりました(前日までは石狩太美<Ishikari-futomi>)

ishikarifutomi_ekisya
 1990年に近隣のスウェーデンヒルズのオープンに合わせて改築された欧風調デザインの駅です。

 当駅の近隣にはスウェーデンヒルズというエリアがあり、スウェーデンを意識したデザインで統一された住宅街があり、「当別町スウェーデンヒルズ」という地名まであったりします。といっても当駅から徒歩圏ではなく、当別町のコミュニティバスを使ってのアクセスになります。

ishikarifutomi_soto
 といっても駅前の風情にスウェーデンや欧風調の雰囲気はなく、極めて普通。ここから歩いて数分の「本家なかむら」で食べることが出来るテールラーメンは絶品。途中下車をオススメしたくなる味でした。

 ちなみに「太美(ふとみ)」の由来は古くからある集落名の「当別太(とうべつぶと)」と「美登江(びとえ)」から1文字ずつを拝借して名付けられた合作名称だったりします。アイヌ語由来の地名が多い中、太美に関してはアイヌ語とは関係がないんだそうで。駅名に採用するにあたって同じ読みの駅名が内房線に存在したため旧国名を冠させて「石狩太美(いしかりふとみ)」としたんだそうです。

ishikarifutomi_kaisatsu
 駅舎内には観光案内所がある他は基本的には無人駅で、簡易改札機が並んでいます。

ishikarifutomi_kanban
 無人駅と言ってもえらく立派な駅舎で、冬季対策のため締め切りが出来る横引き扉が設置されています。

 当駅は駅舎がある正面口のほかにもう一つの出入口があります。札幌方面の1番線ホームのあいの里公園駅寄りにある…
ishikarifutomi_home1side_entrance
 通称「駐車場口」です。砂利敷きの駐車場スペースに忽然と出入口階段が設けられていて、こちら側にも宅地が広がっていることから意外と利用者は多いです。

ishikarifutomi_sokusen
 その駐車場口の脇には現役の側線が柵もなく敷かれています。貨物取り扱い時代の名残り的な敷地を駐車場へ転用しているのでしょうか。

ishikarifutomi_home1_kaisatsu
 こちら側の出入り口を利用する人向けに乗車証明書発行マシーンとICカード簡易改札機がこちらにも設けられています。

ishikarifutomi_home1_forSapporo
 構内は単線上の2面2線となっています。

ishikarifutomi_konai
 良く見るとホームの上屋の色もスウェーデンヒルズ色なんですな。これは単なる偶然?
<当駅→当別駅間の踏切施設>
・(19k340m)当駅
・(19k955m)南1号道路踏切
・(20k662m)19線道路踏切
・(21k307m)20線道路踏切
・(22k285m)北1号道路踏切
・(22k582m)22線道路踏切
・(23k228m)23線道路踏切
・(23k881m)材木沢添踏切
・(24k604m)中央排水路踏切
・(24k914m)安西作場踏切
・(25k061m)石狩街道踏切
・(25k424m)林務署踏切
・(25k572m)墓地踏切
・(25k860m)石狩当別駅
※太字のリンク先は踏切施設調査の姉妹サイトへ飛びます
隣の駅@札沼線
上り:ロイズタウン駅G11-1■2.7km
下り:当別駅G13■4.2km

※訪問日:2016年10月26日