kamihoromui
北海道旅客鉄道株式会社 鉄道事業本部岩見沢地区
上幌向駅A12北海道岩見沢市上幌向南一条
岩見沢駅管理の無人駅
★Kitacaの駅

kamihoromui_north_entrance
 こちらは国道12号線に面していない南側の出入口です。当駅は上幌向エリアの皆さんの他に、重要な役割を持っています。

kamihoromui_shinshinotsu1
 当駅から自動車で便利な場所にある新篠津村の村民専用駐車場です。駅からほど近い場所から道道81号線を道なりに進むと新篠津村までは自動車で10分ととても便利な場所にあることから、当駅は新篠津村のためにあるといっても過言ではありません(言い過ぎ?)

 なお、当駅前には新篠津村からのバスも発着しています。

kamihoromui_kaisatsu
 改札口前の様子はこれ。それほど広くありません。窓口が閉鎖されたことから、窓口前にもベンチが設けられています。

kamihoromui_timetable&Fare
 列車の時刻表と運賃表です。

kamihoromui_home2_forIwamizawakamihoromui_home1_forOtaru
 構内は複線上の1面2線です。

 2003年訪問時の様子です 
kamihoromui_exit1kamihoromui_exit2
 幌向駅と同じコンセプトデザインの建物が印象的な駅。といっても幌向駅と違い当駅は線路を横断する跨線橋へ強引に箱を横付けさせたような感じになっています。

kamihoromui_ent
 なので自由通路から駅への入口はこんなに質素。

 中に入るとこんな感じ。
kamihoromui_kaisatsu
 猫のひたい程度の広さの改札口前が列車待合室となっています。

kamihoromui_home1_forSapporokamihoromui_home1_passOkhotsk
 構内は道内では珍しい1面2線。このホームには待合室の設置がありません。このエリアは列車別改札が定着していて、利用者さんも乗る列車が駅に近付くまで改札を通らずに改札付近で待つ傾向が強いので、ホーム待合室は不要なのかなと。だからなのか、改札口からの階段のホーム側には扉が付いていません。

 訪問をした2003年当時は業務委託駅として駅係員が配置されていましたが、2015年10月より無人駅となっています。

kamihoromui_list
▲窓口上に掲示されていた運賃表(2003年撮影)

 当駅は岩見沢市に所在していますが、石狩川の対岸にある新篠津村からも近く、当駅を村の鉄道最寄り駅としているようです。当駅前には村営の駐車場もあります。


kamihoromui
 駅番号付与以前の駅名表です。後方に写る711系が良い味を出しています。
<当駅→岩見沢駅間の踏切施設>
・(322k6m)当駅
・(未確認)(詳細不明)踏切
・(324k173m)第14号線踏切
・(不明)岩見沢運転所構内踏切
・(326k9m)岩見沢駅
※太字のリンク先は踏切施設調査の姉妹サイトへ飛びます
隣の駅@函館線
上り:幌向駅A11■5.9km
下り:岩見沢駅A13■4.3km

※訪問日:1999年1月15日,2003年3月7日,2018年9月25日