kamitoshibetsu
北海道ちほく高原鉄道株式会社
上利別駅■北海道足寄郡足寄町上利別本町
足寄駅管理の無人駅
※2006年4月20日で営業終了、廃駅となりました。

kamitoshibetsu_ekisya
 古そうに見える駅舎ですが、地元の人たち(お子様?)によりペインティングが施されていて、心温まるようなフレンドリーな駅舎になっています。
kamitoshibetsu_ekisya_20060420kamitoshibetsu_ekiura
 旧日本陸軍十勝支部が近隣に置かれていたそうで、そこを訪れる皇族や貴族、軍関係者が利用することを前提とした車寄せがあった名残りで現在も広い駅前広場や重厚な駅出入口となっているそうです。

 当駅は交換可能駅ですが、CTC設備が整ったお陰で信号扱いの社員を配置する必要が無くなり、無人化されています。駅務室スペースであった場所には卓球台が設置されていて、住民の憩いの場と化しています。
kamitoshibetsu_nakakamitoshibetsu_table

 駅の横にはパークゴルフ場があり、列車が通過するとプレーを中断しプレーヤーさんが手を振って列車を見送ってくれることも。そういえばふるさと銀河線最終日も当駅では盛大に列車の見送りを受けたなぁ。人のぬくもりを感じることが出来ます。

 ちなみに2番線(足寄、池田方面)ホームにも列車待ち客向けの待合室が設置されていますが、高島駅の2番線ホーム待合室ような古さ満天のものではなく…
kamitoshibetsu_waiting_home2
 物置改造のものでした。

kamitoshibetsu_sideline
 駅裏には材木工場があり木材の香りが旅行者を歓迎してくれます。
 
kamitoshibetsu_home_forIkedakamitoshibetsu_home1_forRikubetsu
 当駅はは快速などの全列車が停車しました。前述の通り2面2線で行き違いが可能な駅でした。

kamitoshibetsu_konai
 足寄、本別とは違い、構内踏み切りがあります。
kamitoshibetsu_kadan
 国道沿いには商店がありとりあえず食料は確保することが出来ます。

 2019年に代替バスから見た様子 
kamitoshibetsu
 駅舎は老朽化に伴い2016年に解体撤去されています。代替バス乗り場にはこのような待合スペースが設けられています(2019年)。
<当駅→笹森駅間の踏切施設(把握分のみ掲載)
・(未確認)当駅
・(62k150m
付近笹森踏切
・(62k200m
付近)笹森駅
※太字のリンク先は踏切施設調査の姉妹サイトへ飛びます
隣の駅@ふるさと銀河線(旧池北線)
上り:塩幌駅■2.5km
下り:笹森駅■3.8km

※訪問日…2004年7月2日