kaneko
東日本旅客鉄道株式会社 八王子支社
金子駅埼玉県入間市大字南峯429番地
拝島駅管理の業務委託駅(委託先:株式会社JR東日本ステーションサービス)
★Suica(首都圏エリア)の駅

kaneko_ekisya
 チーズケーキをカッティングしたようなデザインの駅です(個人の感想です)。

kaneko_irumacity_keikan50
 訪問をしたのは2019年11月初旬。駅前にはこのような入間市景観50選の看板がありましたが、そこには「風情ある駅舎は」の文字が。残念ながらここでいう「風情ある駅舎」は2015年2月の新駅舎竣工を前に解体撤去されています。
 JR東日本の公式サイトによれば、当ブログでチーズケーキの切れ端と揶揄したデザインは旧駅舎をオマージュした木目調ルーバーなんだそうです。

kaneko_soto
 駅前は住宅が密集していて、平日通勤時間帯は賑わいを見せているんだろうなと推測できました(訪問したのは土曜日の早朝)。

kaneko_taxi
 独特のフォントを用いて作られているタクシー乗り場の看板です。これだけでしばらく語りつくせる文字鉄のみなさんはぜひ金子駅に集合してください。

kaneko_waitingroom
 駅舎内の待合室はみどごなシースルー構造になっています。

kaneko_kankomap
 「元気な入間 ふれあい茶ん歩道案内図」とあります。

kaneko_busstop_timetable
 当駅前からは西武グループのバス会社が西武線入間市駅までの路線バスを運行していますが、平日は16時台に1本、土休日は朝と12時台に計4本が設定されています。なかなかの秘境路線。。。

kaneko_kaisatsu
 早朝の改札通路。自動券売機は駅係員出勤前につき稼働しておらず、ICカード専用自動改札機と乗車駅証明書発行マシーン、そして飲料自販機が稼働していました。

kaneko_timetable
 列車本数は日中が1時間に2本、それ以外はそれ以上の本数が確保されています。

kaneko_poster
 隣の箱根ヶ崎駅と同様、自動券売機の稼働時間が意外と短いのが驚きです。

kaneko_information
 営業時間外に利用する場合の注意事項が書かれた紙が貼ってありました。

kaneko_konai
 構内はこのように高麗川・川越方面行の2番線へは階段の上り下りが必要ですが、バリアフリー対策でエレベータが設置されているので楽に行き来ができるようになっています。

kaneko_konaimap
 構内の案内図です。極力段差を廃して車椅子利用者でも利用しやすいよう配慮されていることがわかります。

kaneko_kosenkyo_kaidan
 跨線橋そのものは従来からの屋根なしのものが流用されています。

kaneko_zenkei
 跨線橋から高麗川駅方向を見た図です。

kaneko_old_konaifumikiri
 ホームの高麗川駅寄りにはその昔構内踏切だったと思われる遺構が残っています。

kaneko_home2_forKawagoekaneko_home1_forHachioji
 構内は単線上の2面2線となっています。

kaneko_home1_kanban
 1番線ホームの方面案内。。。確かに間違ってはいませんが、「立川・新宿・東京方面」に多少の違和感が・・・。

kaneko_okd
 旧様式の駅名標も元気に現役です!

隣の駅@八高線
上り:箱根ヶ崎駅■4.8km
下り:東飯能駅■5.1km

※訪問日:2019年11月10日