kayanuma
北海道旅客鉄道株式会社 釧路支社
茅沼駅(B59)■北海道川上郡標茶町コッタロ原野北17線35番地2号
標茶駅管理の無人駅

kayanuma_ekisya
 無人化を前提とした駅改築が行われていて、ログハウス調の構造が印象的な駅です。当駅には冬になるとゲストがやってきます。それはこれ。
kayanuma_tori
 タンチョウヅルです。線路の向こう側が鶴の餌付け場となっています。この鶴を見学に来る観光客もチラホラいます。
kayanuma_kanbankayanuma_tancho
 驚かせたらだめですよ。タンチョウが来る駅として駅舎にもPRが掲げられています。

kayanuma_soto
 駅の外は数件の民家がある他、一部に日帰り入浴が可能な「茅沼温泉」があるそうです。

kayanuma_home_SL
 前述のタンチョウヅルが飛来してくる駅だからか、当駅にはSL列車が停車します。ホームが短いので先頭の蒸気機関車ははみ出て停車しますので、駅で撮影を試みる方はご注意を。

kayanuma_home_forKushiro
 構内は単線上の1面1線です。↑釧路行が到着する様子です。

 2007年2月の様子 
kayanuma
 駅番号が制定される前の駅名標です。

kayanuma_ekisya
 駅の形状は2012年訪問時と全く変わっていません。

kayanuma_waitingroom
 駅舎内の天井にはタンチョウが舞っています(もちろん模型ですが)。

kayanuma_home_forabashiri
 構内も変わっておらず2007年も1面1線です。↑は網走行の入線シーンです。

隣の駅@釧網線
上り:五十石駅(元B60)(廃止)■5.4km標茶駅(B61)■13.9km
下り:塘路駅(B58)■7.0km

※訪問日:2012年2月18日