kiryu
東日本旅客鉄道株式会社 高崎支社
桐生駅■群馬県桐生市末広町11番1号
駅長所在の直営駅(わ鐵的には業務委託駅)
★Suica(首都圏エリア)の駅

kiryu_north_entrance
 野球マニア必見の「球都・桐生」の中心駅です。こちらは南口(清瀬口)で、市役所や各種学校関係が多くある出入口になります。上毛電鉄西桐生駅はこちら南口から徒歩5分少々の位置にあります。 

kiryu_south_entrance
 こちらは北口(山手口)で、ビジネスホテルが多く立ち並ぶ側となっています。桐生は高崎市・太田市と並ぶ群馬県でも有数の都市で、ビジネス需要もそこそこあるようです。

kiryu_kaisatsu
 改札口は1箇所で、JRとわ鐵が共用しています。

kiryu_dai1
 コンコース内には野球ファンにとってメジャーな存在である桐生第一高校の広告看板が…元ファイターズの正田樹投手、元マリーンズの藤岡貴裕投手、元ゴールデンイーグルスのルシアノ・フェルナンドが在席していた学校ですね。

kiryu_home2_forTakasaki
 構内はわ鐵を含め単線上の2面4線構造となっています。

 2005年12月訪問時の様子 
kiryu
 デザインはJR東日本様式ですが、器具は旧国鉄時代からのものを流用して作られた駅名標です。

kiryu_cityside_exit
 高架構造の駅舎は1985年に竣工したもので、当時の両毛線では初の高架駅でした。これは現在も変っていません。

kiryu_kaisatsu
 改札口も変更は無く、当時からICカード対応の自動改札機が設置されています。

kiryu_info
 この看板は現在はありませんが、取り扱いは変っておらず、わたらせ渓谷鉄道発行の乗車券類は自動改札機を通すことは出来ません。

kiryu_NR
 2005年当時は構内にJR西日本グループの旅行代理店・日本旅行が構内に出店をしていました。

kiryu_home3_forTakasakikiryu_home2_forOyama
 高架構造の構内配線は現在と変わりが無く2面4線となっています。

kiryu
 1番線側の駅名標はJR東日本様式ですが、わたらせ渓谷鉄道向けの表示になっています。

kiryu_home1_forMato
 わたらせ渓谷鉄道は1番線に乗り入れますが、1番線は決してわたらせ渓谷鉄道線用というわけではなく、早朝に小山方面行きの電車が使用することもあります。よって1番線も直流電化されています。
<当駅→下新田信号場・下新田駅間の踏切施設>
・(未確認)当駅
・この区間に踏切はありません
・(54k600m)下新田信号場
・(未確認)下新田駅
隣の駅@両毛線
上り:小俣駅■5.6km
下り:下新田信号場■1.7km岩宿駅■4.0km

隣の駅@わたらせ渓谷線(旧足尾線)
上り:(始発駅)■全長44.1km
下り:下新田駅■1.9km

※訪問日:2005年12月22日,2015年7月19日