kitaamarume
東日本旅客鉄道株式会社 新潟支社
北余目駅■山形県東田川郡庄内町平岡字大坪
酒田駅管理の無人駅

kitaamarume_zenkei
 設置当初は信号場で、信号場時代から乗降の取り扱いを実施していた名残りなのか、水田地帯にポツンと気配を消すように小さく設置されている駅です。学生の利用が多いのか、駅の脇には自転車の駐輪ができる屋根付きの構造物がありますが、駅の周囲には水田以外なく、駅前の風情は極めて少ないのが印象的。

kitaamarume_soto1
 水田から少々離れると宅地が見えます。
kitaamarume_soto2
 しかしその逆側はこんな感じ。。。

kitaamarume_home_konai
 妙に長いホームが特徴的。設置時はこれくらい長い編成の列車が発着していたのでしょうか。

kitaamarume_home2_forShinjokitaamarume_home1_forSakata
 構内は複線上のは2面2線。信号場として開業してしばらくしてから複線化され、当駅から秋田方向が単線となる構造だったので、そこそこ重要な信号場だったようです。

 ところで、当駅には構内を線路横断するため踏切が設置されていますが、そこに掲出されている看板が結構秀逸だったりします。
kitaamarume_fumikiri_info1
 ここを通る電車はすべてたら子唇で、また両津勘吉のようなまゆ毛をしているのでしょうか。

kitaamarume_fumikiri_info2
 綺麗な七三分けの駅係員さんにお願いされてます。
<当駅→砂越駅間の踏切施設>
・(157k500m)当駅
・(157k674m)平岡踏切
・(159k407m)中台踏切
・(未確認)南平田踏切
・(160k400m)砂越駅
※太字のリンク先は踏切施設調査の姉妹サイトへ飛びます
隣の駅@羽越線
上り:余目駅■2.7km
下り:砂越駅■3.0km

※訪問日:2008年1月1日

コメントする

名前
 
  絵文字