kiyohata
北海道旅客鉄道株式会社 鉄道事業本部苫小牧地区
清畠駅■北海道沙流郡日高町字清畠
静内駅の無人駅
※2015年1月の高波被害により鉄道運行休止→2021年3月31日で営業終了、閉駅しました

kiyohata_ekisya
 隣の豊郷駅と同じような待合室の駅でした。以前は駅係員が配置され建物も立派な木造駅舎だったそうですが、無人化に伴い簡易型の現在の建物に落ち着いています。

kiyohata_soto
 駅前は道の真ん中に植木がある立派な構造。

kiyohata_bus_info
 列車代行バスは当駅前まで入ってくるという他の駅ではあまり見られない厚待遇ぶりでした。

kiyohata_fare
 列車代行バスと普通運賃はこんな感じで掲出されていました。

kiyohata_isu
 待合室内部は建物の構造を反映してそれほど広くはありませんでした。
kiyohata_naka
 駅舎・待合室を出るとかつて行き違いができた配線であったことを偲ばせる空間を挟んですぐにホームが。そして線路を挟んですぐに海。

kiyohata_zenkeikiyohata_konai
 構内は単線上の1面1線でした。

kiyohata_uchigawa
 ホーム~待合室~駅の外の相関関係がご理解いただける画像。。。

 当駅は1924年に前身の日高拓殖鉄道が開業したことにより「慶能舞(けのまい)」駅として開業。現在の駅名は1944年に改称したものですが、まさか「けのまい」が訛って「きよはた」になったってことはないですよねぇ。。。
<当駅→厚賀駅間の踏切施設>
・(61k070m)当駅
・(61k328m)漁場通り踏切
・(62k530m)賀張本道路踏切
・(65k243m)コマチップ踏切
・(65k600m)厚賀駅
※太字のリンク先は踏切施設調査の姉妹サイトへ飛びます
隣の駅@日高線
上り:豊郷駅■4.8km
下り:厚賀駅■4.5km

※訪問日:2017年10月22日