komagawa_hachiko
東日本旅客鉄道株式会社 八王子支社
高麗川駅埼玉県日高市大字原宿336番地2号
駅長所在の直営駅
★Suica(首都圏エリア)の駅

komagawa_ekisya
 近隣の高麗神社にちなんだ将軍標の色をモチーフにしたとみられる赤い瓦屋根や柱が印象的な木造駅舎の駅です。

komagawa_kankomap
 西武線高麗駅前には将軍標の巨大レプリカがありますが、当駅はハイキングマップの脇に添え置きされています。

komagawa_soto
 駅前はバスロータリーが広がっています。

komagawa_obje
 駅前広場にも高麗神社の将軍標を模したオブジェがあります。

komagawa_koyano
 また、広場の片隅には記念碑も・・・

komagawa_window
 駅舎内の様子です。簡易型Suica改札機が置いてあります。手狭なコンコース内には工夫が随所に施されています。

komagawa_kisaidai
 みどりの窓口での購入希望を記入する「記載台」は改札通路の脇にコンパクトに置いてあります。これだと撤去が必要な時は簡単にどかすことができる利点がありますね。

komagawa_midorinomadoguchi_info
 また、狭いコンコースにみどりの窓口の行列ができるとこれまた困るので、その待機列は駅舎の外へ。これもまた賢いなぁ。

komagawa_poster
 余談ですが、2019年11月のダイヤ改正告知ポスターです。川越線・八高線関連では変更点が無いことをPRしています。

komagawa_fare
 券売機頭上の運賃表です。当駅から羽沢横浜国大駅までは1,340円となっています。

komagawa_zenkei
 跨線橋から八王子方向を見た図です。

komagawa_timetable_201911
 八王子~川越間の電化区間列車は日中毎時2本は確保されています。

komagawa_home_collar
 八高線は当駅で系統が分離されていて、電化区間は川越線とほぼ一体化された系統に、非電化区間は独立した系統になっています。

komagawa_home2_forYorii
 2番線から発車する非電化区間の八高線。それほど本数は多くなく、首都圏でディーゼルカーに乗ってローカルムードを手軽に味わうことができます。

komagawa_kawagoe
 川越線的当駅は書類上では終着駅ですが、実際に終着駅としている川越線は少なく、1日に10本以下の設定となっています。

komagawa_home1_kanban_minari
 1番線ホームの八王子側には「身なりを正しく」の看板があり、意識高い系の鉄道員が多いことを伺わせます。

komagawa_home1_forTokyo
 当駅には1日に2度だけ中央線車両のE233系が乗り入れます。朝は拝島駅からの送り込みがやってきて当駅で折り返して東京行きに化けます。夜間は東京方面からの快速電車が当駅どまりでやってきます。夜間の当駅行は拝島駅電留線への回送を兼ねて拝島行普通列車に化けて当駅を離れます。

 そんな当駅は八高線と川越線が乗り入れる2面3線構造となっています。

komagawa_meisho
 構内の名所案内はご覧の通り。

komagawa_hidakacity_yurucharacter
 ちなみに地元・日高市のゆるキャラはこちらです。

 ところで当駅はJR東日本の組織上は八王子支社に属していて、八王子支社管内の東飯能駅と金子駅の管理をしています。隣の川越線・武蔵高萩駅から先は大宮支社が、八高線・毛呂駅から先は高崎支社が管轄していて、支社ごとの縄張りが決められていますが、鉄道マニア以外からしたら同じJR東日本なのでそれ程の違和は感じないかも知れません。
<当駅→毛呂駅間の踏切施設>
・(31k070m)当駅
・(31k330m)学校前踏切(川越線と共用)
・(31k607m)上野台踏切
・(31k784m)一本松踏切
・(31k906m)板仏踏切
・(32k079m)小学校踏切
・(32k390m)学校裏踏切
・(32k789m)平沢坂戸踏切
・(33k310m)中台踏切
・(33k600m)平沢踏切
・(33k860m)薬師踏切
・(35k120m)葛城踏切
・(35k318m)東原踏切
・(35k859m)第一大八木踏切
・(36k175m)長瀬踏切
・(未確認)千代田踏切
・(36k738m)岩井踏切
・(未確認)毛呂駅
※太字のリンク先は踏切施設調査の姉妹サイトへ飛びます
隣の駅@八高線
上り:東飯能駅■5.5km
下り:毛呂駅■5.8km

隣の駅@川越線
上り:武蔵高萩駅■1.4km
下り:(終着駅)■全長30.6km

※訪問日:2019年11月9日