kotaki
西日本旅客鉄道株式会社 金沢支社北陸広域鉄道部
小滝駅■新潟県糸魚川市大字小滝字尾巻10747番地
北陸広域鉄道部管理の無人駅

kotaki_ekisya
 久々に存在意義を疑ってしまう駅です。大糸線(松本~糸魚川間)では臨時駅を除きもっとも利用客に恵まれていない駅ではないかと推測できます。

kotaki_soto
 駅前にあるのは黒部川電力株式会社の姫川第六発電所の事務所があるだけ。
kotaki_map
 民家らしい住居は1軒あるらしいですが…。黒部川電力の社員は鉄道ではなく自家用車での通勤でしょうから、当駅が唐突に廃止になっても困らない??(当方は無用即廃止論者ではないので念のため)。

▼高台から駅を望んでみる。 
kotaki_zenkei
 ホームのすぐ脇を流れる姫川は、時々予告無しに放水があるらしく、要所要所の時間帯にはいきなりテープによる警告放送が流れます。
 
 当駅は1面2線構造にはなっていますが、駅舎側の1番線は使用されておらず、出発信号機は灯りが消えているどころか、信号機そのものが線路方向とは明後日方向に向いているため、用途が終了されていると思われます。
kotaki_signal
 訪問時は1番線側線路は除雪すらされていませんでした。ということで当駅では列車行き違いは事実上行えなくなっています(2012年の記事編集時点ですでに1番線の線路は撤去されているそうです)。

 「用途が終了」といえば敷地内の端っこ、糸魚川方中継信号機の脇にたたずむ給水塔の痕跡があります。
kotaki_kyuyutoato
 これはかなり以前に当駅が貨物を取り扱っていたときの痕跡なんだそうです。地元の人に話を伺ったところ、当駅では以前、鉄鉱石の採掘が盛んでそれを貨車に積むための設備だったそうです。現在では前述の通りすっかり鄙びた当駅ではありますが、以前は駅の隣に材木工場があったり、旅館があったりと繁栄していたようです。

kotaki_home2_forMinamiotarikotaki_home2_forItoigawa
 ということで当駅の構内は単線上の1面1線です。

隣の駅@大糸線
上り:平岩駅■6.8km
下り:根知駅■3.6km

※訪問日:2004年12月31日