kubocho
南海電気鉄道株式会社 鉄道営業本部
久保町駅和歌山県和歌山市久保丁四丁目48番2号
無人駅
※2005年11月26日で営業終了、閉駅しました

kubocho_exit
 大きなターミナル・和歌山市駅を出るといきなり貧弱な単線へ足を踏み入れます。難波から続いた本線は幹線として整備されていますが、和歌山港線は一部線路内に草が生い茂っていてたりします。

kubocho_senrokara
 当駅は国道26号線の高架下に便乗しているような場所へホームが設置されています。ホームには雨風をしのぐ屋根や待合室は一切ありませんが、この国道の高架が実質的な屋根代わりになっていました。

 当駅の前には県道があり、南海電鉄系列の和歌山バスが和歌山市駅までバスを頻繁に運行している他に、和歌山市駅までそれほど距離があったわけではないことから、徒歩移動が一般的だったようです。取材日に駅近くにあるローソンの店員によると「市駅までは歩いて行っちゃうよ。久保町駅が廃止になる話は知りませんでした」とのことで、これでは駅が廃止されても仕方がありませんな。

kubocho_zenkei
 南海和歌山港線は和歌山市駅から0.8キロを南海電鉄が、残りの和歌山港駅までを和歌山県が線路を所有しているという変わった路線です。0.8キロはちょうど当駅があった場所付近になります。

kubocho_home
 駅の周囲は紀ノ川と住宅地に挟まれた付近にあり、利用者は多そうに見えますが実際はそうでもなかったようです。このエリア、駅名は「久保町」でしたが実際の町丁名は「久保丁」となっています。

kubocho_timetable
 日中は1時間に1本、朝晩は30分に1本の運転間隔を維持していた当駅でした。この他に和歌山市~和歌山港間ノンストップの列車が設定されていました。

kubosho_home_forWakayamako
 構内は単線上の1面1線です。現在はホーム設備は撤去され更地と化しているそうです。

隣の駅@和歌山港線
上り:和歌山市駅(NK45)■0.8km
下り:築地橋駅■0.7km

※訪問日:2005年10月26日