kumbetsu
北海道ちほく高原鉄道株式会社
薫別駅■北海道足寄郡陸別町字上利別原野東1線
陸別駅管理の無人駅
※2006年4月20日で営業終了、廃駅となりました。

kumbetsu_home
 周囲は緑が広がっていて何も無いように見えますが、よく見ると奥に集落っぽい建造物が確認できました。しかしその家の人たちが当駅のヘビーユーザーなのかは未確認です。

 ホームは1面で見事な板張り。薫別駅的にはこのホームのみが鉄道会社の固定資産です。なので当駅には鉄道会社的には待合室がありません…という案内をせざるを得ないのですが、駅からほんの少しはなれた場所に待合室然とした建物があります。
kumbetsu_waiting
 薫別駅といえばこれ…というほどにこの待合室は当駅の代名詞的な存在だったりしました。

 この待合室にある木片で組み立てられているベンチが凄いのです。このベンチに着座するには勇気が要ります。
kumbetsu_isu
 とりあえず自分で座ってみましたが、普通に座ることは出来るものの、いつ壊れても不思議では無い感じは、遊園地のジェットコースターとは対極の恐怖感を覚えます。決して落ち着いてくつろぐ気分にはなれません。

 この待合室は前述の通り、駅ホームの立地とは微妙に離れた場所にあります。地元の人の話によると待合室のある敷地は地元の方の私有地なんだそうです。よって待合室がいくら貧弱であっても鉄道事業者は手を付けられないんだそうで。また、地主さんもこの待合室を補修したいと考えてはいたそうですが、ここまで良い感じに荒れてくると、むしろ善意で放置した方が味があると判断。あえて手を加えなかったそうです。

 構内は原野の中の1面1線ホーム。
kumbetsu_home_forKitamikumbetsu_home_forIkeda
 運営会社名である「ちほく高原」を実感できます。

 列車運転最終日(2006年4月20日)の様子です 
kumbetsu_waitingroom_20060420kumbetsu_home_20060420
 最終日も静かな薫別駅でした。
<当駅~陸別駅間の踏切施設(把握分のみ掲載)
・(70k620m)当駅
・(未確認)陸別駅
隣の駅@旧ふるさと銀河線(旧池北線)
上り:大誉地駅■4.2km
下り:陸別駅■6.7km

※訪問日:2004年7月3日,2006年4月20日,2007年1月15日

路線廃止から8ヶ月が経過した2007年1月15日に再訪しました。
▼雪に埋もれてはいますが、駅名標と時刻表が撤去された以外はそのままの様子を保っています。
kumbetsu_home_200701

▼あの待合室もそのまんまでした。
kumbetsu_zenkei_200701