memuro
北海道旅客鉄道株式会社 釧路支社
芽室駅K27北海道河西郡芽室町本通一丁目
帯広駅管理の業務委託駅(委託先:株式会社北海道ジェイ・アール・サービスネット)

memuro_ekisya
 時計台っぽいとんがり屋根の駅です。建物には「芽室駅」の他に「msg」の文字が…これは「Memuro Station Gallery」の略で、当駅の待合いスペースなどで絵画などが展示されています。

memuro_soto
 芽室駅前周辺は帯広が近いことから宅地化が進んでいて、駅周辺は東京近郊私鉄沿線のような雰囲気すらあります。右側の商業ビルにはスーパーマーケットが入居していて利便性はとても高かったりします。

memuro_kaisatsu
 当駅の待合室は前述の通りギャラリーになっていて絵画などが展示されています。

memuro_stage
 よく見るとステージのようなものもありますが、ここで歌謡ショーのようなものがおこなわれているかは不明です。

memuro_isan
 「芽室遺産」というのが制定されていて、「芽室公園と柏の木」「新嵐山展望台からの風景」「松久園の母屋」「10線防風林」「花菖蒲園」「芽室町発祥のゲートボール」が遺産登録されています。

memuro_home1_forSapporomemuro_home1_forObihiro
 構内は単線上の2面3線。殆どの列車は駅舎に面した1番線を使用しますが、退避や行き違いが伴う列車などは2番線を使用することになっています。

 2003年訪問時の様子です。 
memuro
 2003年に撮影した駅番号シールが貼付される以前の駅名標です。

memuro_ekisya
 1999年に完成した意外と立派な駅舎です。

memuro_madoguchi
 改札口と一体化しているきっぷうりばがあります。ここの営業は6時40分から16時30分までとなっていて、それ以外の時間帯は無人駅扱いとなります。

memuro_waiting
 ステーションギャラリーとされている待合室には絵画が展示されています。

memuro_funsui
 噴水っぽい機能まで完備されていてとってもバブリーな設備だったりしました。

memuro_WC
 トイレはきれいに使いましょう。。。

memuro_home1_forObihiromemuro_home1_forKushiro
 構内の様子は2017年訪問時と同様で、当時も原則1番線がメインで使われているようです。
<当駅→大成駅間の踏切施設>
・(168k990m)当駅
・(未確認)東3条踏切
・(171k000m)大成駅
※太字のリンク先は踏切施設調査の姉妹サイトへ飛びます
隣の駅@根室線
上り:上芽室信号場■6.2km御影駅K26■10.6km
下り:大成駅K28■2.1km

※訪問日:2003年3月2日,2017年6月7日
 JR北海道わがまちご当地入場券購入日:2017年6月7日(No.????)
 JR北海道北の大地の入場券購入日:2020年10月23日(No.????)
 十勝・釧路の40入場券購入日:2022年2月23日(No.????)