mikawa
北海道旅客鉄道株式会社 鉄道事業本部
三川駅■北海道夕張郡由仁町西三川
追分駅管理の無人駅

 2022年9月訪問時の様子 
mikawa_ekisya
 毎度おなじみ、この付近の無人駅向け、チーズケーキのカット状態を思い起こさせるデザインの待合室駅舎がある駅です。

mikawa_soto
 駅の外の様子です。昭和47(1972)年までは貨物の取り扱いがあったようで、その名残りなのか駅前広場は広く、かつて日通の事務所があったとみられる敷地は空き地となっています。

mikawa_taxi1
 その付近にはかつてのタクシー事業者の事務所だったとみられる建物が残っています。
mikawa_taxi2
 文字を消した跡をなぞると「ルートタクシ空港」と書かれているように見えなくもありません。

mikawa_ryokan
 その少し先には古風な旅館が営業をしています。令和4年夏の訪問時、正面の扉が開けられていて、営業しているようです。この付近の乗り鉄の際は利便性が高いかも知れません。

mikawa_naka1
 当駅の待合室内部の様子です。無人駅で、窓口はシャッターが降ろされたままです。

mikawa_fare_time
 運賃表と時刻表です。

mikawa_fighters
 壁面には由仁町とファイターズのコラボっぽいイラストのポスターが掲示されています。

mikawa_zenkei
 構内の様子です。跨線橋から岩見沢方向を見た図です。こちら側は由仁駅まで単線となります。

mikawa_zenkei2
 同じく跨線橋から長万部方を見た図です。こちらは稀府駅まで複線となっています。

mikawa_home1
 駅舎側の1番線ホームです。こちらは苫小牧方面行き列車が発着します。

mikawa_konai
 2番線側から1番線ホームと駅舎を見た図です。ホームは互い違いに配置されています。

mikawa_konai_naka
 かつてはもう1本線路がホームに接していたようですが、用途終了で撤去されていて、旧2番線側には鉄パイプでフェンスが設営されています。

mikawa_home2_forIwamizawa
 ↑2番線に到着した岩見沢行列車です。現在の構内は2面2線です。

mikawa_home_dansa
 ホームはかさ上げされておらず、キハ150型のドアとホームとではこのように段差が生じています。

 バス・・・がありました 
mikawa_chuobus3
 当駅からほど近い国道234号沿い、三川郵便局のすぐそばには北海道中央バス・岩見沢三川線の停留場(バス停)がありました。バス停名称は「三川駅通(みかわえきどおり)」でした。

mikawa_chuobus2
 バス停はこのように樹木に寄り添うように設置されていました。↑は岩見沢駅方向のバス停です。

mikawa_chuobus1
 ↑こちらは当バス停止まりの停留場です。ここで降車の客扱いを行うと三川駅前付近を迂回し、岩見沢行に化けて郵便局付近のバス停へ回送されてきました。

mikawa_chuobus4
 岩見沢行バスがやってくる様子です。由仁駅から三川駅通までのバスは令和4年9月で廃止されています。

 三川駅通から古山駅前までバスに乗ってみた動画はこちら↑
<当駅→古山駅間の踏切施設>
・(178k780m)当駅
178.8km
・(179k575m)国道28号線踏切
・(180k148m)菅屋通り踏切
・(180k725m)9番線通り踏切
・(181k494m)小谷通り踏切
・(182k068m)中央通り踏切
・(182k240m)古山駅182.2km
※太字のリンク先は踏切施設調査の姉妹サイトへ飛びます
隣の駅@室蘭線
上り:追分駅K158.0km
下り:古山駅■4.2km

※訪問日:2022年9月9日