nihongi
えちごトキめき鉄道株式会社
二本木駅■新潟県上越市中郷区板橋552番地
直営駅
※2015年3月14日よりえちごトキめき鉄道へ経営移管されました。
(旧:東日本旅客鉄道株式会社新潟支社直江津駅管理の業務委託駅・株式会社ジェイアール新潟ビジネス)

nihongi_ekisya
 信越線の中でも珍しい設備を持っている当駅。それは何かというと…
nihongi_map
 スイッチバックです。列車の進み方は↑の図を参照してください。
nihongi_switchback1nihongi_switchback2
 長野・妙高高原方面からやってきた下り列車は直接ホームに入ったのち、新井方面へ進む際、一旦折り返し線に入り新井駅方面へ進みます。
nihongi_switchback3
 逆に直江津・新井方面から来た上り列車は折り返し線に進入したのち、当駅のホームに入ります。
nihongi_switchback4
 上下線とも通過列車の場合は駅に入らないのでスイッチバックは行いません。
nihongi_waitingroomnihongi_home
 かつて、和歌山線の北宇智駅も同じスタイルの構造でしたが、北宇智駅のスイッチバックは2007年3月に解消されています。

nihongi_room
 駅の待合室は比較的広く、自動券売機が設置はされていますが駅係員も配置されています。
nihongi_nakago
 上越市中郷区総合事務所(政令都市ではないので区役所ではない)の最寄り駅なので、中郷区のゆるキャラのポスターが掲示されていました。
nihongi_soto
 駅前の周辺は商店街が広がっていて、規模は小さいながら下手をすれば新井よりも活気はあるように見えます。

 当駅はスイッチバック上の駅なので、上下線ともに同じ方向に出発していきます。冒頭の画像の駅名標がそれを如実に表わしていてわかりやすいです。
DSC07061
 ホームから駅舎までは地下道で行き来します。
nihongi_kaidan
 妙に古めかしい造りの屋根は昭和17年1月製で、駅舎の昭和43年製よりもだいぶ古いから驚きます。古さでいえばこちらも古そうですが。
nihongi_kura
 1番線側に設置されているレンガ製の物品庫。これも恐らく昭和初期の建物なんでしょうね。

nihongi_home2_forNaoetsunihongi_home1_forNagano
 構内は旅客的には1面2線ですが、貨物の取り扱いがあったころの名残りで2番線の脇には数多くの側線があります。

隣の駅@妙高はねうまライン(旧信越線)
上り:関山駅■7.7km
下り:新井駅■6.3km

※訪問日:2013年2月9日