nishiogikubo
東日本旅客鉄道株式会社 東京支社
西荻窪駅JC10JB03東京都杉並区西荻南三丁目25番1号
社員配置の直営駅
★Suica(首都圏エリア)の駅・東京都内の駅

 2021年7月訪問時の様子です 
nishiogikubo_south_entrancenishiogikubo_north_entrance
 このあたりの中央線の駅ではおなじみの高架下構造の駅です。

nishiogikubo_obje
 こんな像が点在しているアートな街・にしおぎの中心地にある活気あふれる賑わいエリアにあります。

nishiogikubo_FCtokyo
 西荻窪ではなく「西荻」が地名となっています。

nishiogikubo_kaisatsu
 改札口は1か所で、列車が到着するたびに利用者であふれかえります。

nishiogikubo_yurukyara
 当駅の公式キャラクター「ニシオギカエル」です。nishiogikubo_himitsu
 企画乗車券のPRにも駆り出されるなど、登場頻度は高いです。

nishiogikubo_concourse1F
 高架下ですが天井が高く広々とした印象です。

nishiogikubo_concourse
 訪問日が土曜・休日ダイヤ日であったため、快速線ホームへ至る通路はこのように閉鎖されていました。

nishiogikubo_rapid_pass
 こんな看板が掲げられています。

nishiogikubo_home2
 各駅停車(緩行)線の2番線ホームには東京メトロ東西線の案内も掲示されています。

nishiogikubo_home2_forChibanishiogikubo_home1_forMitaka
 構内は複々線上の2面4線です。

nishiogikubo_home_enshin
 快速線ホームの東京寄りは快速電車の12両化に備えホーム延伸工事が進められていました。

 2002年1月訪問時の様子です 
nishiogikubo
 20012年撮影のひらがな仕様駅名標です。

nishiogikubo_south_exitnishiogikubo_north_exit
 「ニシオギ」と呼ばれるエリアで杉並区の他の駅と比較してゴチャゴチャ感がある小規模な街の駅です。どことなくその雰囲気が東急綱島駅前に似ているような…。しかしそんな小規模な駅でも平日(月曜~金曜)は快速電車が停車する駅でもあり、利便性は高いと言えます。

nishiogikubo_kaisatsu

 東京23区は当駅でおしまい。それとともにJR東日本東京支社管轄も当駅までで、長距離の乗車券面に書かれている「東京都区内」は当駅まで有効です。当駅と吉祥寺駅の間(杉並区と武蔵野市の境界付近)にJRの支社境があるようです。

nisiogikubo_home1
 構内の様子は複々線上の2面4線です。

隣の駅@JCJB中央線
東行方面:荻窪駅JC09JB04■1.9km
西行方面:吉祥寺駅JC11JB02■1.9km

※訪問日:2002年1月14日,2021年7月10日