ogifushi
北海道旅客鉄道株式会社 鉄道事業本部苫小牧地区
荻伏駅■北海道浦河郡浦河町荻伏町元浦河
静内駅管理の無人駅
※2015年1月の高波被害により鉄道運行休止中・バスによる代行運転ののち、2021年3月31日で閉駅しました

ogifushi_ekisya
 カラフルなイラストが壁面を飾っている貨物列車向け車掌車両改造建物の駅でした。

ogifushi_soto
 駅前は広場になっていました。

ogifushi_soko
 木材の運び出しで貨物の取り扱いが活発だった名残りなのか、駅の周囲には倉庫や木材の事務所がチラホラあります。そういう歴史があるからなのか、絵笛駅と異なり周囲は意外と賑やかな印象です。 

ogifushi_toilet
 駅に隣接してトイレが設けられています。

ogifushi_ekimei
 建物には駅名がしっかりと刻まれています。

ogifushi_ekimaekanban
 駅頭には駅名を記した看板が設置されていました。

ogifushi_naka
 建物内はこのように椅子が並んでいました。

ogifushi_naka_window
 2011年頃までは簡易委託係員さんによる乗車券類の発売が行われていた窓口跡がありました。

ogifushi_hinan
 近隣避難場所は概ね徒歩10分程度となっていました。

ogifushi_ekisya_ura
 ホームから駅舎裏を見た図です。

ogifushi_konai
 ホームと待合室建物の間には数本の線路が並んでいたことを伺わせる空間があります。

ogifushi_home_zenkei
 ホームは1面1線。行き違い設備は1993年に撤去されています。

ogifushi_antenna
 行き違い設備は撤去されていますが、待合室建物には乗車券類の委託販売係員向けとみられるテレビアンテナがあり、これは撤去されずに現在も残っています。と言ってもこのアンテナは地上アナログ放送のもの。アナログ放送は2011年7月に停波していて、このアンテナでは地上デジタルテレビは受信できません(当ブログ筆者はテレビ関連勤務なのでちょっと詳しいです)。

 当駅で乗車券類の委託販売が行われていた時代に担当者さんがテレビを見ながら仕事をしていたのかなと邪推してみたり・・・地上アナログ放送の停波は2011年7月なので、ここが地デジ対応をしていないということは、乗車券類販売は地デジ移行以前ということが伺えます(wikipedia日本語版によれば2011年5月に委託終了と記載があります)

ogifushi_daikobus_map
 代行バスの乗り場は駅前ではなく、少し離れた道道284号沿いにあります。

ogifushi_daikobus
 これがバスのりばの道路です。

ogifushi_daikobusstop
 代行バスのりばはジェイ・アール北海道バス(日勝線・上野深-浦河-様似)の荻伏バス停と同じ場所に設けられています。このバス停のジェイ・アール北海道バス日勝線は上り上野深行が平日4本(怒・休日は15時55分の1本のみ)、浦河方面行きが5本(土休日は2本)の設定になっていました。
<当駅→絵笛駅間の踏切施設>
・(120k180m)当駅
・(120k323m)中島組道路踏切
・(120k540m付近勝手踏切
・(121k760m
付近工藤踏切
・(122k082m)笠松踏切
・(124k009m)小柳踏切
・(124k350m)井寒台踏切
・(124k824m)吉津踏切
・(124k998m
付近勝手踏切
・(125k090m)絵笛駅
※太字のリンク先は踏切施設調査の姉妹サイトへ飛びます
隣の駅@日高線
上り:本桐駅■7.2km
下り:絵笛駅■4.9km

※訪問日:2020年6月6日