okuki
東日本旅客鉄道株式会社 盛岡支社
大久喜駅青森県八戸市大字鮫町字安川目
八戸駅管理の無人駅

okuki_entrance
 1924年の八戸線種市開業時には設置されていなかった駅です。当駅が開業したのはその22年後の1956年。当初は仮乗降場として設置されたものの、すぐに駅に昇格して現在に至っているからなのか、駅舎があったような痕跡はなく、またあとから強引に設置されたようでいわゆる「駅前広場」はなく、駅前はいきなり民家です。

okuki_soto1
 この画像の右手前のおうちの方は腰ぐらいの高さのフェンスを石原裕次郎氏がガゼールオープンカーに飛び乗るがごとく飛び越えればすぐに駅に入れるという(よい子は真似しないように)。

okuki_soto
 また、ご覧の通りの駅前風情で、手前側の舗装されていない部分の土地所有区分が気になります。

okuki_machiai
 駅舎は無く、八戸線仕様の待合室が置いてあるだけのシンプル構造。しかも当駅の待合室は密閉式ではありません。

okuki_machiai_naka
 「あるだけマシだろ」と言わんばかりのたたずまい。

okuki_timetableokuki_fare
 駅舎内にある時刻表・運賃表掲示物はこちら。

okuki_busmapokuki_map
 最寄りバス停は南浜中学校前と言うバス停で、八戸市営バスが発着していますが本数はそれほど多くありません。また避難指定場所は徒歩40分程度の場所にある金浜小学校のようですが、4.4キロも先にあるので万一のときは気合いを入れて歩いて避難してください。

okuki_home_forKujiokuki_home_forHachinohe
 構内は単線上の1面1線となっています。
<当駅→金浜駅間の踏切施設>
・(21k750m)当駅
・(22k010m)大久喜通踏切
・(24k260m)金浜駅
※太字のリンク先は踏切施設調査の姉妹サイトへ飛びます
隣の駅@八戸線
上り:種差海岸駅■2.2km
下り:金浜駅■2.5km

※訪問日:2018年1月1日