omi
東海旅客鉄道株式会社 東海鉄道事業本部
大海駅愛知県新城市大海字南田49番地
豊川駅管理の無人駅

omi_ekisya
 現在のJR飯田線の前身となる国有化以前の豊川鉄道の終着駅、かつ鳳来寺鉄道の始発駅でした。当駅は明治3(1900)年の豊川鉄道としての開業時から明治36(1903)年までは大海駅を名乗っていましたが、昭和1(1943)年の国有化までは長篠駅と称していたそうです。国有化以後は再び大海駅に改称され現在に至っています。

 現在の駅舎は昭和44(1969)年に改築された建物です。

omi_soto
 駅前の様子です。当駅から国道420号大海交差点付近にかけて商店が点在していて、意外と栄えている印象です。

omi_window
 建物内部の様子です。昭和60(1985)年春で無人駅化されていて、出札窓口の跡には時刻表が貼ってあります。改札窓口はサッシが銀幕で覆われていて開閉はしないように改造されているようです。自動券売機は設置されておらず、交通系ICカードでの鉄道利用にも対応していません。

omi_fare_timetable
 運賃表と時刻表です。

omi_konai
 駅構内の様子です。前述の通り、異なる事業者の終点・起点であった当駅の構内は貨物取り扱いもあったことから意外と広いです。3番線ホームは現在は使用を停止しているようです。
omi_chushin
 駅舎の出入り口付近に荷は「駅中心」が記されていて、これによれば27k890mということのようです。

omi_konai2
 貨物取り扱いの名残りで広々とした構内には保線作業に用いる事業用車の留置が行われています。

omi_konaifumikiri
 駅舎側の1番線と対岸にある2・3番線は豊橋方の構内踏切を横断します。

omi_home2_forToyohashi
 構内は単線上の2面3線。普通列車と上りのみ設定されている快速が停車し、特急ふじがわは通過します。
<当駅→鳥居駅間の踏切施設>
・(27k890m)当駅
・(28k592m)住吉第一踏切
・(28k866m)安長踏切
・(29k145m)洗林踏切
・(29k300m)長篠城駅
※太字のリンク先は踏切施設調査の姉妹サイトへ飛びます
隣の駅@CD飯田線(旧豊橋鉄道/旧鳳来寺鉄道)
下り:三河東郷駅■2.9km
下り:鳥居駅■1.4km

※訪問日:2021年12月25日