omika
東日本旅客鉄道株式会社 水戸支社
大甕駅■茨城県日立市大みか町二丁目23番10号
日立駅管理の業務委託駅(委託先:株式会社JR東日本ステーションサービス)
★Suica(首都圏エリア)の駅

 2020年11月訪問時の様子です 
omika_gakuenside
 2018年に完成した地下コンコースがある駅です。コンコース地下化のおかげで出入口は地下鉄風の小さなものになりました。こちらは「学園口」という名称がついた西口です。

omika_eastside
 こちらは東口ですが、東口は2通りあって、そのうちの「高台口」といっても良い側です。さらに下に駐車スペースを持った地平口的な東口が別個に設けられています。

omika_konai_map
 そんな不思議な当駅の作りはこちらの案内図で確認ができます。

omika_kaisatsu
 改札口は地下にあり、みどりの窓口とNewdays、自動改札機と待合室がコンパクトに設置されています。

omika_home2_forIwaki
 構内は複線上の2面2面。普通列車の他に一部の特急列車も停車します。

omika_omika
 なお、当駅がある大甕エリアですが、漢字が難読であることから正式には「大みか」となっています。また、「駅の近くにはないことが多い」としている関東エリアのセイコーマートですが、当駅から徒歩数分という好立地にあったりして、身近に北海道を感じることができます。
<当駅→常陸多賀駅間の踏切施設>
・(未確認)当駅
・(137k766m
)第一細田踏切
・(138k786m)泉前踏切
・(139k322m)甕の原踏切
・(139k889m)第二大沼踏切
・(140k363m)大沼街道踏切
・(140k546m)第一金沢踏切
・(未確認)第二金沢踏切
・(141k420m)千石踏切
・(未確認)常陸多賀駅
※太字のリンク先は踏切施設調査の姉妹サイトへ飛びます
隣の駅@常磐線
上り:東海駅■7.4km
下り:常陸多賀駅■4.6km

※訪問日:2020年11月12日