oshimatobetsu
道南いさりび鉄道株式会社
渡島当別駅(sh05)■北海道北斗市当別2番地18号
無人駅
※2016年3月26日より道南いさりび鉄道へ経営移管されました。
(旧北海道旅客鉄道株式会社函館支社五稜郭駅管理の無人駅)

oshimatobetsu_ekisya
 近隣の名所・トラピスト男子修道院を模した西洋風の駅舎が印象的です。2016年3月26日より道南いさりび鉄道の駅となり、「トラピスト修道院入口」という副駅名が付与されました。

oshimatobetsu_concourse1oshimatobets_concourse2
 駅舎内待合室にはステンドグラスやマリア像など、とても駅舎内とは思えないほど神々しい雰囲気が支配しています(宗教施設ではありません)。この駅は郵便局も併設されていますが、この郵便局は鉄道の運営にはタッチしておらず、当然乗車券類の販売も郵便局では行っていません。また、以前まで乗車券類の販売を担っていた構内売店も現在は営業をしておらず、無人駅となっています。

 この駅を訪問したのが1月2日。郵便局は営業していない正月3が日の真っただ中でしたが、なぜかひっきりなしに駅前の駐車場には自動車が行き来していました。自動車の中から人が出てきてはトイレに入ってそのまま帰っていきます。
oshimatobetsu_shop
 駅舎・郵便局と商店の間にある「さわやかトイレ」が目的で人々がやってくるのだろうか???実際に利用してみるもこれとって代わり映えしない普通のトイレでしたが。。。

oshimatobetsu_meisho
 近隣の名所は軒並み冬季閉鎖中で、3月中旬以降でないと営業しないようです(各自で調べてください)。

oshimatobetsu_konaioshimatobetsu_zenkei
 構内は2面2線。列車の行き違いに活用されています。五稜郭寄りの切り替えポイントは当別トンネル内に分岐器(ポイント)を設置して降雪期の除雪を軽減させています。
oshimatobetsu_tonnel

IMG_9400
 駅舎をホーム側から見た図です。

oshimatobetsu_home1_forEsashioshimatobetsu_home2_forHakodate
 駅舎側の1番線は木古内方面行き、修道院側の2番線は函館方面行きの線路となっています。

隣の駅@道南いさりび鉄道線(旧江差線)
上り:茂辺地駅(sh06)■5.0km
下り:釜谷駅(sh04)■4.9km

※訪問日:2013年1月2日