sakuraoka
北海道旅客鉄道株式会社 旭川支社
桜岡駅A34北海道旭川市東旭川町桜岡
旭川駅管理の無人駅

sakuraoka_ekisya
 建物に桜の模様が散りばめてある駅です。

sakuraoka_kanban
 なんせ駅名が「桜岡」ですから、桜を前面に押し出した装飾が施されているのも納得。

sakuraoka_map2_info
 駅前に設置の案内地図によれば近隣に八重桜があったので「桜岡」と名付けたということで、当駅が開業した1922年から名付けられていた桜岡が1936年に正式な地名となって現在に至っているようです。

sakuraoka_map2
 しかしこの案内地図、少しくたびれてきていますな。

sakuraoka_soto
 駅の周囲はこんな感じ。石北線と並行しているイメージの国道39号は当駅からは遠く、新旭川駅~伊賀牛駅間はむしろ宗谷線に並行していて、当駅は幹線道路からは離れているのも少々寂れた感じがする要因かもしれません。

sakuraoka_ekimae_tokyo
 駅前の脇に広がる遊休地っぽい土地にはこのような看板が。。。旭川市郊外の土地を東京都品川区の不動産業者さんが持ってらっしゃるんですな。
 ちなみに検索をするとこの業者さんは公式ウェブサイトこそお持ちではないようです現存はしているようです。

sakuraoka_naka
 建物内部の様子です。かつては簡易委託係員による乗車券類販売が行われていたようで、その窓口の痕跡が残っています。その窓口跡は板で塞がれ、そこには時刻表などJRからのお知らせ類が掲示されています。

sakuraoka_timetablesakuraoka_fare
 2019年10月時点での時刻表と運賃表です。伊香牛駅や当麻駅までの区間運転列車もあるので意外と多い運行本数が確保されているという印象です。下りに限り特別快速列車も停車します。

sakuraoka_map1
 ガーデニングの聖地として名高い「上野ファーム」は当駅から徒歩でおよそ15分程度ですが、列車でやってくる人がどれだけいるかは微妙なところです。

sakuraoka_zaisan
 なお、当駅の建物は国鉄消滅~JR北海道発足の翌年・1988(昭和63)年に建て替わっています。

sakuraoka_zenkei
 跨線橋から新旭川駅方向を見た図です。

sakuraoka_home_haji
 2番線ホームは跨線橋との接続部土台以外はいったん撤去され、作り替えられているのがわかります。

sakuraoka_home1_forKamikawasakuraoka_home2_forAsahikawa
 構内は単線上の2面2線。行き違いがない場合は上下いずれの列車も駅舎に接した1番線から発着が基本となっていて、2番線を発着する旅客営業列車は2019年10月に確認した駅設置時刻表によれば15時00分と16時41分の旭川行2本のみとなっています。

隣の駅@石北線
上り:北日ノ出駅A33(閉駅)■(2.9km東旭川駅A32■5.0km
下り:当麻駅A35■3.7km

※訪問日:2019年10月17日