sapporobeerteien
北海道旅客鉄道株式会社 鉄道事業本部千歳地区
サッポロビール庭園駅H11北海道恵庭市戸磯593番地4号
千歳駅管理の無人駅
★Kitacaの駅

sapporobeerteien_west_entrance
 普通列車の一部も通過してしまう小さな駅ですが、実は重要な役割を果たしている駅でもあります。こちらはサッポロビール北海道工場に近接している西側出入り口です。恵庭地区の工業団地の玄関口となっていて、徒歩18分程度の場所にJR北海道硬式野球クラブの野球場「JR恵庭グラウンド」があります。球場へは東口からもアクセスは可能ですが、西口からのルート上にはコンビニ(セイコーマート)があります。

sapporobeerteien_toilet
 西口には恵庭市が整備したトイレが設置されています。

sapporobeerteien_east_entrance
 こちらは東側の出入り口です。

sapporobeerteien_east_soto
 東口は駅前でもこのあり様で、民家が数件あるほかは空き地と田畑が広がっています。

sapporobeerteien_kosenkyonaka
 当駅は無人駅なので東西どちらの出入り口から入っても改札口はなく、階段を上がるといきなりこのような通路になります。

sapporobeerteien_konai
 跨線橋から望む構内はこんな感じ。

sapporobeerteien_fujoshitsu
 当駅にはいわゆる「待合室」的な設備はなく、石勝線などで多く見られる跨線橋の降りた先にちょこんと設置された風除室に僅かなベンチが置いてあるのみ。ここにICカード乗車券の改札機が設置されています。これは上下線いずれのホームにも設置があります。

sapporobeerteien_time_unchin
 JR北海道の無人駅ではおなじみの運賃表もありますよ。札幌駅と苫小牧駅の運賃が同額となっています。

sapporobeerteien_home
 ICカードの簡易改札機は風除室内に設けられているものの、乗車駅証明書の発行マシーンはホーム上にあります。

 JR北海道の駅といえばこのホーロー看板です。
sapporobeerteien_kanban
 下部の広告枠はどの駅も決まって「本場の味 サッポロビール」なのですが、その広告主様をあしらった駅名なのがいい味を出しています。

sapporobeerteien_home2_forChitosesapporobeerteien_home3_forTeine
 構内は複線上の2面4線。西の里信号場が実質的に使われなくなってからは貨物列車や普通列車が通過列車の退避を行う役割を当駅が担ってて、運転上重要なポジションにあります。2020年3月以降は増発された快速エアポートの退避回数が増え、その重要度がさらに増しています。

 2001年1月訪問時の様子です。 
sapporobeerteien
 2001年訪問時の駅名標です。駅番号のマークはまだありません。1990年の開業で千歳線の中では2番目に新しい駅です。

sapporobeerteien_ekisya
 駅舎はなく跨線橋が待合室を兼ねているような状況です。

sapporobeerteien_kanban
 駅名は当時としては珍しい企業名を含んだものになっています。

sapporobeerteien_home
 階段付近にのみ上屋があります。

sapporobeerteien_taihi
 普通列車が特急列車を退避している様子です。
<当駅→長都駅間の踏切施設>
・(未確認)当駅
・(35k888m)東3線踏切
・(37k620m)長都駅
※太字のリンク先は踏切施設調査の姉妹サイトへ飛びます
隣の駅@千歳線
上り:恵庭駅H10■2.3km
下り:長都駅H12■2.2km

※訪問日:2001年3月25日,2017年4月16日などなど多数