satsukari
道南いさりび道株式会社
札苅駅sh02北海道上磯郡木古内町札苅
簡易委託駅
※2016年3月26日より道南いさりび鉄道へ経営移管されました。
(旧北海道旅客鉄道株式会社函館支社木古内駅管理の簡易委託駅)




 2014年6月訪問時の様子(JR北海道時代) 
satsukari
 いさ鉄化される以前、2014年訪問時の駅名標です。

satsukari_ekisya
 隣の泉沢駅とほぼ同様の駅舎を持つ駅です。海辺の国道から少し上がった緩やかな丘の上にあります。この駅舎に貼ってある「建物財産標」には「昭5年10月 日」と書いてありましたが、駅舎の右隣(自動車が駐車してる付近)に旧駅舎のものと思われる建物の基礎土台が確認できるので、昭和5年というのはその建物に貼られていたものから受け継いだものなのかも知れません。
IMG_8377IMG_8379
 でも、この手の資産標って新たな建物が竣工したら新しい資産標を貼り替えて使うものじゃないの?ちなみに冒頭の画像に写る列車は通過している新青森行きスーパー白鳥のレア車両。

satsukari_kaisatsu
 綺麗に清掃が行き届いた待合室内にはきっぷ売り場があります。営業時間は日曜・祝日を除く7時10分から11時10分まで。
satsukari_tsunami
 当駅は海が近いので、津波に関するアラートが発令された際は緊急に避難をする必要があると案内が掲出されています。ホームの向こう側へ避難しましょう。

satsukari_bus
 駅から歩いて丘を下ると松前街道に出て、そこからすぐに海が広がっています。駅へ通じる道付近には函館バスの札苅バス停があります。
IMG_8370
 ここは札苅漁港というそうです。調べると20~30センチのカレイやカジカが釣れるそうです。

 話は急に駅構内へ。
satsukari_koni_1
 狭い敷地に行き違い設備を設置した都合上、ホームは江差線ではおなじみの互い違い配置。泉沢駅と異なり、中線はありません。

satsukari_home2_forHakodate
 2番線のすぐ脇は私道のようで、公式にはこちら側へは出られないことになっていますが、前述の緊急時は乗り越えが可能になっていたりします。またそちら側にも数軒の民家があります。
IMG_8385
 ご覧の通り、私道(と思われる)側にはフェンスが…。といっても利用を拒むものではありません。基本的に無人駅で運賃精算は列車内で完了するわけなので、こちら側からの出入りもJR的にはあまり困らないようです。
IMG_8382
 1番線側から2番線を木古内側に見た図です。2014年6月22日の夜に貨物列車が脱線したのは↑の画像の左側・木古内方面1番線側の線路、ホームの先の構内踏切の付近を最後尾車両が通り抜けたあとぐらいの出来事だったそうです。

satsukari_home1_forKikonai
 ご覧の通り、当駅構内は江差線特有の長い有効長を持つ単線上の2面2線配線です。

隣の駅@道南いさりび鉄道線(旧江差線)
上り:泉沢駅sh03■3.4km
下り:木古内駅sh01■3.8km

※訪問日:2014年6月9日