satsumataki
肥薩おれんじ鉄道株式会社
薩摩高城駅■鹿児島県薩摩川内市湯田町1177番地16号
水俣駅管理の無人駅
※2004年3月12日まではJR九州鹿児島支社管理の無人駅でした。紹介画像は全てJR九州時代に取材したものです。

 待合いスペース(JR九州時代) 
satsumataki_uekara
 跨線橋の上から望む当駅の様子です。駅舎はありません。

 (JR九州時代)公道出入口からの様子… 
satsumataki_zenkei
 かつては駅舎があったような敷地があります。当駅は1963年に営業要員が撤退、その後1970年に信号自動化により運転要員も撤退し無人化となっています。

 周囲に気になる建物が… 
satsumataki_uraguchi
 駅の頭上に大きな建物が…これは飲食店のようですが、既に廃墟状態となっていて営業は行われていないようでした。

 当駅の跨線橋上から海方向を見ると大きな生簀(いけす)がありますが、これは地元テレビ局系列のMBC開発さんが運営している養殖場で、ひらめの養殖を行っているんだそうです。
http://www.mbckh.com/chisan/aquafarm.htm#sendai

 疑惑?のキロポスト 
satsumataki_336kp
 ホームには門司港駅からの通算キロが記されたキロポストが設置されています。ちなみに当駅は門司港駅から334.6キロ…これは博多駅の移設による0.5キロ短縮と、八幡~枝光間がスペースワールド駅設置に伴うルート変更による1.0キロ短縮の計1.5キロ短縮に伴う差によるものです。このキロポストが正しかったのは1963(昭和38)年までということになります(博多駅より先の鹿児島線沿線キロポストは総じてこうなっている模様)。

 ホーム 
satsumataki_home1_forYatsushirosatsumataki_home1_forNishikagoshima
 構内は単線上の2面2線。普通列車が停車しますが、この他に観光列車「おれんじ食堂」と「ななつ星in九州」が停車します(ななつ星は2016年春から停車)。これは列車行き違いに便乗した長時間停車で、その間に整備された海への散策道を歩いて雄大な東シナ海を見ようというものです。ある意味、何も無いのが魅力な駅ということか。。。。

隣の駅@肥薩おれんじ鉄道線(旧鹿児島線)
上り:西方駅■2.7km
下り:草道駅■5.0km

※訪問日:2004年2月22日