shimoji
東海旅客鉄道株式会社 東海鉄道事業本部
下地駅(CD02)■愛知県豊橋市横須賀町後口
豊川駅管理の無人駅
★TOICAの駅

shimoji_ekisya
 複線線路の上下線に挟まれた不思議なロケーションにある駅です。

shimoji_kaidan
 階段は豊川沿いを走る「愛知県道387号一般県道清須下地線」の歩道に出ます。

shimoji_entrance
 道路が線路よりも下を通っていて駅前広場的なものは一切無く、階段を下りるとすぐに歩道に出てしまいます。放置自転車なんぞ置き様がありません。

shimoji_kaisatsu
 当駅は1985年まで簡易委託による乗車券販売が行われていて、その名残りで窓口が残されていますが、現在は発車時刻表で埋められています。TOICA簡易改札機が設置されていますが、券売機やチャージ機はありません。
shimoji_ekisya_home
 駅舎と線路の位置関係はこんな感じです。

shimoji_konai
 当駅の豊川寄りでYの字型に大きく上下線が分離して、当駅ホームの上下線が不自然に離れているのは、当駅の豊橋寄りにある豊川橋梁の架け替え工事により線路を動かしたことによるもので…
shimoji_mannaka
 よく見るとホームとホームの間には線路移設前に使われていた線路用のバラスト(砂利)が残されています。

shimoji_konai_home1
 上り線路用の架線柱の片側がコンクリート柱ではなく「トラスビーム」と呼ばれるタイプなのはこの路線の下り線が名鉄所有だからなのでしょうか…と思って調べると、下り線は名鉄所有らしい。。。単に設備が古いだけかもしれません。

shimoji_home1_pass_forToyohashi
 隣の船町駅同様、当駅も名鉄線の電車は通過します。

shimoji_home2_forHonnagashinoshimoji_home1_forToyohashi
 構内は複線上の2面2線ですが、前述の通り一般的な2面2線ではありません。

 なお、当駅から船町駅までは営業キロにして0.7キロ。一見するととても近いように感じますが、豊川(河川)が大きく立ちはだかっていて、列車なら加速したらすぐにブレーキを掛けなければならないほどの距離を1分程度で到着しますが、徒歩移動の場合は河口や新幹線とが逆側へ歩いて徒歩でも渡れる橋を横断して豊川を越えてやってこなければならず、所要時間はおよそ35分…これなら列車を待って移動したほうが楽で速いです。
<当駅~小坂井駅間の踏切施設>
・(2k210m)当駅
・(未確認)平井踏切
・(4k440m)小坂井駅
※太字のリンク先は踏切施設調査の姉妹サイトへ飛びます
隣の駅@CD飯田線
上り:船町駅(CD01)■0.7km
下り:小坂井駅(CD03)■2.2km

※訪問日:2014年12月23日