shimoshirataki
北海道旅客鉄道株式会社 旭川支社
下白滝信号場駅■北海道紋別郡遠軽町下白滝
信号場
※2016年3月25日までは遠軽駅管理の無人駅(A47)でした。

shimoshirataki_ekisya
 駅舎を出るといきなり番犬に歓迎の遠吠え。そして放し飼い。かなり自由奔放な地域でした。駅前には牛(?)の養成施設が広がっています。が、それ以外に何があるわけでもない。この施設の利用者が当駅の利用者であるかというと、それはなさそうな雰囲気でした。
shimoshirataki_ushi
 これ、駅前の様子ですよ。かなり度肝を抜かれました。箱状のものは犬小屋のようです。

shimoshirataki_ekisya_ura
 駅舎はかなり古く、貫禄充分ではありますが、蹴っ飛ばせば簡単に壊せてしまいそう。だからといって建て替えるのもアホらしく、下手をすると奥白滝駅や新栄野駅の後を追うように消滅する可能性を秘めていました。

shimoshirataki_konai
 構内は2面2線で行き違いができる構造になっています。当駅の役割は利用者の乗降ではなく、もっぱら信号場的な役割の方が大きいようで、駅廃止後も信号場として機能しています。
shimoshirataki_home1_forShiratakishimoshirataki_home1

shimoshirataki_timetable
 遠軽駅~白滝駅間の石北線は普通列車の運転本数が極めて少ない区間ですが、旧白滝・下白滝と2006年3月で廃止になった新栄野の3駅はさらに停車列車の本数が少なく、普通列車でさえ通過してしまう列車が存在します。JR北海道お得意の真綿で首を絞め、気づいたら廃止パターンを推測してしまいますが、駅前の状況を見るとそれも止む無しといったところです。

隣の駅@石北線
上り:旧白滝駅(H46)■4.4km
下り:丸瀬布駅(H48)■9.2km

※訪問日:2006年2月26日