shinanokawada_
長野電鉄株式会社
信濃川田駅-Y9-長野県長野市若穂川田3180番地2号
松代駅管理の無人駅
※2012年3月31日で営業終了、廃駅となりました。

shinanokawada_ekisya_
 松代駅並みに貫禄のある駅舎です。それもそのはずで、元々有人駅だったようで、手荷物や貨物の取り扱いもしていたようです。

shinanokawada_ekisyanaka_
 なんの補修も施されていないのかも知れませんが、大室駅同様地元の人の清掃が行き届いているのか、極めて綺麗な状態が維持されています。ありがたい話しです。

 綺麗な状態で維持されている当駅には所々活況を呈していた時代を物語る掲示物が残存しています。
shinanokawada_kanban1_shinanokawada_kanban4_shinanokawada_kanban3_
 長野電鉄がいかに観光開発に力を入れていた会社化がよくわかる看板(左)、有人駅時代の名残の看板(中)、運賃表も過去の運賃の上に改定後の運賃額が貼られていたり、廃止された木島線の跡が見えて、見ていて飽きません。

shinanokawada_kanban5_
 この時刻表は一応目張りが施されていますが、昔は一体どんなダイヤだったのか気になる人は外して覗きたい衝動に駆られてしまうのではないでしょうか。

shinanokawada_kanban2_
 不動産事業も活発にしていたんですね。今はどうなのでしょうか。

shinanokawada_jihanki_
 駅の入り口部分の壁がはがれていて、内部が露呈している箇所があります。訪問当時、駅としての使命を終えるまであと2カ月弱。補修されることなく終焉を迎えるのでしょうね。

shinanokawada_meisho_

 構内は2面2線。行き違いが出来る設備を持っています。
shinanokawada_konai_shinanokawada_konai1_
 屋代線は有人の松代駅の他に当駅と綿内駅に行き違い設備を保有しています。また、広い構内には側線があり、長野電鉄の用途終了車両の解体も当駅で行われるんだそうです。左上の画像の左側にある木造構造物の煙突からストーブの煙が出ていますので、現役で活躍している保線用施設なのかもしれませんね。

shinanokawada_home2_forSuzaka_shinanokawada_home1_forSuzaka_
 構内は単線上の2面2線でした。

隣の駅@旧屋代線
上り:大室駅-Y9-■1.6km
下り:若穂駅-Y11-■1.5km

※訪問日:2012年2月2日