shinaomori
東日本旅客鉄道株式会社 盛岡支社
新青森駅■青森県青森市大字石江字高間140番地2号
駅長所在の直営駅

shinaomori_east-exit
 2010年に新幹線が開業してようやく本来の役割を果たすことができるようになった駅です。当駅が開業したのは実は新幹線が開業する25年以上前の1986年。この時の新青森駅は広大な敷地の中にぽつんと1面1線構造のホームがあるだけの無人駅でした。

shinaomori_ouline_gate
 在来線と新幹線は改札口が別々にあり、在来線の改札口だけを見ると東京都心部の駅のような自動改札機の設置がある立派な駅に見えますが、Suicaは当然使えません。

shinaomori_shinkansen_gate
 新幹線側の改札口の近所にはみどりの窓口を設置した「いかにも新幹線の駅」と言った感じが漂っています。

shinaomori_change_gate
 乗り換え改札口方面には待合用の椅子や売店があり、商売っ気が旺盛なJR東日本っぽい様相です。商売っ気といえば当駅の1階。
shinaomori_shop
 青森の夜をイメージした飲食店街は津軽地方各地の名物が楽しめるお店がたくさんあります。

shinaomori_info
 在来線は1面2線で単線上にあるので行き違いができるような構造になっています。
shinaomori_home2shinaomori_home1_forAsamushionsen
 北海道新幹線が開業する1週間前までは新青森を始発・終着としている列車が終日に渡り設定されていましたが、特急の場合は1駅弘前寄りの津軽新城駅へ回送され、同駅で折り返し準備を行って当駅へ戻ってくるようになっていました。

shinaomori
 東北新幹線の新青森駅は在来線とは違い2面4線配線。これは将来北海道方面へ新幹線が延伸することを前提として規模を大きめにして設計してのことのようです。
shinaomori_home11_forTokyo

 北海道新幹線が開通すると。。。 
shinaomori
 新幹線ホームの駅名標、隣駅に「奥津軽いまべつ」の文字が!

shinaomori_zairai_konai
 在来線ホームのコンコースから「函館」の文字と特急列車の案内も消えました。

shinaomori_home2_forAkita
 在来線ホームはパッと見て変化はあまり感じませんが、、、
shinaomori_map_info
 柱にある停車駅案内看板からこちらも函館の文字が消えています。

shinaomori_home11_forTokyo
 新幹線ホームは北海道新幹線が開通後も当駅折り返し列車の設定は健在です。

隣の駅@東北新幹線
上り:七戸十和田駅■45.7km
下り:(終着駅)■全長713.7km
<当駅→奥津軽いまべつ駅間の踏切施設>
・(0k000m)当駅
・(28k890m)新中小国信号場
・新幹線区間につき、この区間には踏切はありません。
・(38k510m)奥津軽いまべつ駅
隣の駅@北海道新幹線
上り:(始発駅)■全長360.3km
下り:新中小国信号場■28.9km奥津軽いまべつ駅■38.5km
<当駅→青森駅間の踏切施設>
・(未確認)当駅
・(481k485m)石江踏切
・(482k338m)岡部踏切
・(482k029m)千刈踏切
・(484k349m)第3古川踏切
・(484k469m)第2古川踏切
・(485k044m)青森駅
<当駅→青森信号場間の踏切施設>
・(0k553m)第一大野踏切
・(0k587m)青森信号場出発信号機
※太字のリンク先は踏切施設調査の姉妹サイトへ飛びます
隣の駅@奥羽線
上り:津軽新城駅■1.8km
下り:青森駅■3.9km

※訪問日:2013年1月1日,1月3日など