shintakaoka
西日本旅客鉄道株式会社 金沢支社
新高岡駅■富山県高岡市下黒田3011番地
駅長所在の直営駅

shintakaoka_shinkansen_ekisya
 北陸新幹線の高岡エリアの駅です。新幹線の駅が都市の中心部に設けられない事例は意外と多く、古くは新横浜・新神戸、最近の事例だと新青森、新函館北斗、新鳥栖、新八代といった感じで開業時点では寂れているケースが多く、悪評の原因となってしまうのですが、当駅もご多分に漏れずそんな感じです。

 高岡は富山県でも第2の都市となっていて、高岡駅の周囲を中心に都市を形成していますが、当駅はその都市圏から少し離れています。といってもイオンモール高岡や東横インがあり、他の寂れた新幹線駅に比べれば見どころや使い勝手の点では利便性は高いのかも知れませんが、新幹線開業以前は高岡駅から大阪・名古屋へ直通出来ていたものが新高岡駅に出て新幹線に乗って金沢駅でまた乗り換えなければならず、その手間の割に速達効果が薄いのが問題になりました。逆に東京方面へは当駅から乗ってしまうとほくほく線経由越後湯沢のりかえよりも断然快適になり利便性は大幅に向上しているようです。

 当駅は城端線との交差部に設けられていて、高岡駅へはその城端線で1駅3分となっています。

shintakaoka_shinkansen_kaisatsu
 改札口は1か所です。

shintakaoka_shinkansen_kenbaiki
 指定席券売機(JR西日本的には「みどりの券売機」)が設けられています。うち1台は対話型となっています。

shintakaoka_shinkansen_ICOCA
 改札口にはJR西日本を代表するゆるキャラ・ICOCAのイコちゃんが富山の花・チューリップを片手に利用客に愛想を振り撒いています。

shintakaoka_shinkansen_home2_forKanazawa
 2番のりばには「金沢方面」の文字が出ています。このホームに到着する列車は現在全てが金沢行となっていますが、2024年の敦賀延伸以降はこの看板が掛けかわることになるようです。

shintakaoka_home2_forKanazawa
 ホームは高架に複線で2面2線。列車退避設備は設けられていません。「はくたか」と「つるぎ」の全列車と、稀に「かがやき」が停車します。
<当駅→金沢駅間の踏切施設>
・(305k810m)当駅
・新幹線区間につき踏切はありません
・(345k430m)金沢駅
隣の駅@北陸新幹線
上り:富山駅■18.9km
下り:金沢駅■39.6km

※訪問日:2020年4月5日

※JR城端線の当駅こちら↓