suzukasakittoino
伊勢鉄道株式会社
鈴鹿サーキット稲生駅(6)■三重県鈴鹿市稲生西三丁目
無人駅

 外観(四日市方面) 
suzukasakkitoino_forYokkaichi_saide_entrance
 世界的に有名なレース場・鈴鹿サーキットの最寄り駅です。

suzukasakkitoino_map
 といっても駅前にサーキットがあるわけではなく、当駅からは歩いておよそ20分。モーターレースは騒音が出ることから歩いてアクセスが出来るようなレース場は珍しく、静岡県の某スピードウェイでのF1開催時のバスアクセスの不便さを際立たせる格好になっています。

suzukasakkitoino_meisho
 普段は普通列車のみが1時間に上下あわせても2本が停車する静かな駅ですが、F1グランプリや鈴鹿8時間耐久レースといったビッグイベントが開催されると快速みえや特急南紀が臨時停車し、さらに全席指定の臨時特急が設定されたりと破格の好待遇となるほか、駅前には仮設トイレや臨時の出札窓口が設けられるなど、ちょっとしたお祭りのような騒ぎになります。

 余談ですが、この手のビッグイベントが開催されると普段は1両の普通列車が増結され2両運転となることがありますが、伊勢鉄道さんの普通列車用車両は4両しか無く車両不足に陥ってしまうことから、この時ばかりはJR東海さんから車両を拝借して普通列車増結に対応をしているんだとか。まさに「祭」ですな。

 外観(津方面) 
suzukasakkitto_forTsu_side_entrance
 そういうイベントごとの際にトイレやら窓口やらを設置させたり、列車待ちの利用客を待機させたりすることを想定してなのか、駅前にはちょっとした広場が設けられています。イベントごとが無ければご覧の通り、自転車を放置しても邪魔にならないほどに持て余し気味の広さが際立ちます。

suzukasakkitoino_entrance
 よく見ると階段の手すり付近にレース場の路肩注意のような紅白の塗装があることに気が付きます。これ、ホーム上の列車待ちが出来る椅子と屋根がある付近まで続いています。ちょっとした遊び心?面白い試みです。

 のりば 
suzukasakkitoino_homeB_forTsusuzukasakkitoino_homeA_forTsu
 そんな当駅は複線上の2面2線。列車の折り返しには対応をしていません。

 どうでもいい話ですが、当駅の駅名標の英文表記を見ると「Suzukasākitto-Inō」と思い切り日本語読みをそのままローマ字表記させただけとなっています。正しくは「Suzuka Circuit Inō」ではなかろうかと。当駅の英文字表記は発音をそのまま表記しているに過ぎず、意味はどうでもいいということなのでしょうか。

隣の駅@伊勢線
上り:玉垣駅(5)■2.1km
下り:徳田駅(7)■2.0km

※訪問日:2015年1月11日