tamaru
東海旅客鉄道株式会社 東海鉄道事業本部三重支店
田丸駅■三重県度会郡玉城町佐田80番地
伊勢市駅管理の無人駅

 駅舎 
tamaru_ekisya
 1912(大正元)年竣工のふる~い駅舎が現役でがんばる駅です。

tamaru_kanban
 駅舎正面に掲げられている駅名看板はもちろん、出入口の扉の古さはもはや記念物級です。

tamaru_kawara
 木造製で瓦屋根の駅舎は瓦飛散防止のために金属ネットで保護されています。

 駅前の様子 
tamaru_doll
 菅笠をかぶり、荷物を背負った旅人の像が妙にリアルに見えます。

 駅舎の中 
tamaru_window
 当駅は2012年9月末日までTKJによる窓口営業が行われていました。意外と最近まで窓口営業が行われていただけのことはあり、キレイな駅舎内となっています。

 名所案内 
tamaru_meisho
 「田丸城跡」というスポットがあります。歩いておよそ10分、ここにはこんなものが鎮座しています。
tamaru_SL
 城跡の敷地内にある蒸気機関車。時間の都合でお城跡は見ることができませんでしたが、敷地内にはC58-414型蒸気機関車が静態保存されています。
tamaru_SL_info
 看板によるとこのC58-414型蒸気機関車は参宮線での活躍実績は無いそうですが、同型機種が活躍したことがあると書かれていますが、その輸送方法にも言及しています。札幌市東区の苗穂から当地近くの参宮線の踏切付近でトレーラーへ積み替えられて運ばれたというから驚きます。

 構内 
tamaru_konai
 比較的長くて広い当駅構内。長大貨物列車などが行き来していた名残りなのでしょうか。画像右側の2番線の外にもロータリーがありますが、こちら側には出入口も駅舎もありません。

tamaru_ekisya_ura
 ホーム側から見た駅舎も貫禄十分です。

tamaru_home2_forKameyamatamaru_home1_forIseshi
 構内は単線上の2面2線となっていて、伊勢市駅終着・始発の快速みえと各駅停車が停車します。
<当駅→宮川駅間の踏切施設>
・(未確認)当駅
・(7k125m)勝田踏切
・(7k474m)三ツ枡踏切
・(8k072m)新田町踏切
・(8k517m)湯田野第一踏切
・(8k781m)上地踏切
・(9k200m)十軒家第二踏切
・(9k462m)十軒家第四踏切
・(9k802m)六軒家第一踏切
・(10k230m)六軒家第五踏切
・(10k877m)掛橋踏切
・(未確認)宮川駅
※太字のリンク先は踏切施設調査の姉妹サイトへ飛びます
隣の駅@参宮線
上り:外城田駅■3.7km
下り:宮川駅■4.0km

※訪問日:2015年1月11日

コメントする

名前
 
  絵文字