tanesashikaigan
東日本旅客鉄道株式会社 盛岡支社
種差海岸駅青森県八戸市大字鮫町字棚久保
八戸駅管理の無人駅

tanesashikaigan_ekisya
 駅名が示す通り、海岸に近い駅です。↑画像の右側は公衆トイレ、左側が駅待合室です。当駅は2002年に現在の駅名に改称されていて、それまでは「種差」を名乗っていました。

tanesashikaigan_soto
 駅前広場を擁した貫禄ある駅です。住宅の他に民宿や海鮮系の食堂が点在していて観光地としても有名なようです。

tanesashikaigan_tennenshibafu
 駅から歩いて数分でこのような天然の芝生群生地に出ることが出来ます。芝生と海岸…この奇妙な取り合わせはしばし時間を忘れて海を眺めるにちょうどいい風景です。

tanesashikaigan_timetable
 待合室内荷は列車発車時刻表、運賃表が掲出されています。

tanesashikaigan_maptanesashikaigan_emotion
 避難場所の地図は駅前を右に進んで踏切を渡って行けと示されていますが、実際緊急時だと線路を飛び越えて丘陵を駆け上がって行けと線路脇の標識には書かれています。

tanesashikaigan_konai
 元々は2面2線構造だったようですが、階上駅~種市駅間の棒線化による用途消滅につき片側の線路を剝がし、1面1線構造へ変更しています。

tanesashikaigan_home_forKujitanesashikaigan_home_forHachinohe
 そんなことから構内は単線上の1面1線となっています。
<当駅→大久喜駅間の踏切施設>
・(19k630m)当駅
・(19k852m)棚久保踏切
・(20k306m)大向踏切
・(21k068m)高岩踏切
・(21k372m)南浜通踏切
・(21k750m)大久喜駅
※太字のリンク先は踏切施設調査の姉妹サイトへ飛びます
隣の駅@八戸線
上り:陸奥白浜駅■2.1km
下り:大久喜駅■2.2km

※訪問日:2018年1月1日