utoma
北海道旅客鉄道株式会社 鉄道事業本部苫小牧地区
鵜苫駅■北海道様似郡様似町字鵜苫
静内駅管理の無人駅
※2015年1月の高波被害により鉄道運行休止→2021年3月31日で営業終了、閉駅しました

utoma_ekisya
 1937(昭和12)年に開業した駅で、国鉄時代末期まで木造駅舎が活躍していましたが、1987(昭和62)年に現在の貨車車掌車両に置き換わっています。海から程近いこともあって塩害の影響から、外壁は錆び付きが激しく、大狩部駅のようなブロック積みの駅であればこれほどの錆び付き症状は出ないのではなかろうかと。。。

utoma_bikamember
 隣の西様似駅と同様の様似中学校美術部施工の外壁塗装が施されていました。

utoma_kanban
 日高線・札沼線の無人駅かつ貨車改造駅ではおなじみの駅頭看板です。こちらも海が近いことから錆び具合が激しいです。

utoma_soto
 駅前広場敷地はあれど、それほど広くありませんでした。

utoma_naka
 建物内部はこんな感じ。椅子にはなぜか布団が置いてありました。

utoma_books
 そして謎の単行本。。。

utoma_info
 代行バスのりばを示したポスターが掲示されていました。

utoma_hinan
 緊急避難場所は「鵜苫高台」でした。

utoma_kaidan
 駅舎を出るとホームへは階段を経由します。

utoma_home_forSamani
 構内は単線上の1面1線でしたが、かつてはホームと駅舎の間にも1本線路が敷設されていて行き違いが出来た配線構造であったようです。

utoma_home_forTomakomai
 線路上は列車運行休止から5年以上が経過しているとは思えないほど綺麗に除草されていました。

utoma_ekimae_doro
 駅前の国道336号(襟裳国道)はこちら。画像の横断歩道の手前で右に進めば当駅でした。 

utoma_daikobusstop2
 代行バスのりばとジェイ・アール北海道バス日勝線の鵜苫バス停が1本のバスポールで共通運用されていました。
<当駅→西様似駅間の踏切施設>
・(141k110m)当駅

・(143k450m)苗圃踏切
・(143k610m)西様似駅
※太字のリンク先は踏切施設調査の姉妹サイトへ飛びます
隣の駅@日高線
上り:日高幌別駅■4.2km
下り:西様似駅■2.5km

※訪問日:2020年6月6日